2019年07月06日

アカムツとオオメハタ

偶然の一致なのかしら。
アカムツとオオメハタの共通点。

何しろ姿格好はまるで違うのにホタルジャコ科。
住んでる水深も場所もほぼ同じ。
釣り餌もサバ短
小さいながらも群を形成してる。
鱗が落としやすい。
旨味の強さ、特に皮目の旨味。

よく似てるでしょ。

近頃アカムツが釣れなくなってきてるから同じポイントに入り
これが狙いでアカムツは外道と割り切った釣りをするのも一考ではないか。

水深200m〜400mは何がくるか分からないのも好奇心をくすぐる。
一番お呼びでないのはサメ類だけど。
サメが釣れたら近くの魚は散ってるだろうから場所を変えた方がよい。

この釣りはラインを細くし錘を軽くするのも楽しい釣りになる。
いわゆるライトタックルとでも言うのか
釣り上げ時は手持ち竿にするから
軽い分負担が減るし“純生”に近い引きが楽しめる。
待ち時間も長いことから今日の富士山は見事だなぁーなんて余裕もできるし
キス釣りとは対極な釣りだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする