2019年06月21日

トラフグの1kg、さてどうする 〜 6月6日釣行

フグ調理師免許を持ってる人が知り合いにいたとしても
フグ料理店でない限り度々捌いてる訳でもなし。
ましてや有毒部分はフグの種類によって異なるからトラフグとなると・・・。

ショウサイフグやサバフグなら捌く機会は多々あったとしても
安易に頼む気にはなれない。

毎年寒くなると下関のフグ問屋から身欠きの状態で時に購入するが
天然トラフグ1kgクラスは2万円超の値が付く超高級魚。
これがピンギスの泳がせで釣ったと言うより偶然釣れてしまった。

さてどうするか・・・。
フグは食いたいし命は惜しいし・・・。

富士川沖のキスは僅かに大きく育っているようだ。
しかし肘叩きはAさん共々釣れない。
また当たりの出るところと全く出ないところがはっきりしてるから
当たりが無ければ早々に場所を動いた方が賢明に思う。
この日もベイト群が全く見当たらず底物は専らピンギスの泳がせで。

今の時期ヒラメよりマゴチが遙かに旨い。
長目の針スと短い捨て糸仕掛けで狙い通り前回より少し小さいが
1kgのマゴチを釣った。

こいつは血の気が多いらしく引きは強烈だったが
針スは6号だから心配なくタモ捕りに。
上記のトラフグもこの仕掛けにきた。

また良形ホウボウはキス竿にきたがこれはスリル満点で
何しろ針はキス8号の針スは1.5号。
針外れと針ス切れは十分考えられる。
キス釣り用スピニングリールの
滅多に使わないドラグを緩め何とか無事凌いだ。

主役のキスもそこそこ釣れたと言っても僅かの35匹だが
昔の束釣りをしたいものだ。

富士川沖のキスと底物釣行は今後も続く予定。
今の状況続けばこのぐらいの釣果は望めるだろうけど
状況変化の原因が現れたらまたまた貧果になるだろう。

原因は書きたいが書けないのでご免なさい。


トラフグの1kg、さてどうする001.JPG
ぴったり1kgのトラフグ。
結局泣く泣く廃棄せざるを得なかった。
翌日いつもの鮨店に行ったので話をしたら
持ってきてくれれば良かったのにと。
残念だった。


トラフグの1kg、さてどうする002.JPG
これもぴったりの1kgのマゴチに良形ホウボウ。


トラフグの1kg、さてどうする003.JPG
主役のキスもこれで良しとしないと。
フグ以外は昆布締めと天ぷらで腹中に収まる。
沖釣りのおかげでいつも旨い魚が食える幸せは有難い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:02 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−キス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする