2019年04月24日

オニカサゴ、数はそこそこなんだけど・・・ 〜 4月18日釣行

久々の赤オニ退治で楽しんできた。
根掛かり頻発ポイントなので手持ち竿でやったもんだから少々くたびれはしたが。

アマダイと同じで誘い上げ下げで喰わすのだが
あのがたいだからバクッと喰っても良さそうに思うけど
意外に上品な喰い方をする。

初めクンクンと餌舐めてるみたいな当たりが出るから
ラインを少し送り込んだり反対に聞き上げてみたりの駆け引き後
一瞬重量感に変わり竿先が引き込まれる。

掛けてしまえばムツの地獄針は外れにくいから
電動中速で一定のテンション維持しながらの巻き上げで
ゴンゴン、ゴクゴクの抵抗をかわしながら。
オニはでかい口を開けながら上がってくるからキロ級になると結構重たい。

船べりで針がかりを確認し心許なければタモを入れる
6匹掛けて4匹放流(25cm以下の為)持ち帰りは2匹のみ。

釣り上げたらまず初めに毒鰭の処理。
針スを持ってぶら下げると大口を開けるから手袋をし
バス持ちで全ての鰭の先端をはさみで切り落とす。
それを先にやらないで針を外して
バケツにでも入れたら後で手で掴めなくなり往生する。


4月18日釣行 001.JPG
ちょうど1kgのオニ他。
下はフサカサゴ。


4月18日釣行 002.JPG
オニの胃袋(開いてきれいにしてある)あらと一緒に煮ると珍味。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:39 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする