2019年03月30日

タラノ芽が食べ頃になってきた

沖釣りを始める前は度々新潟の村上へ行って
大勢の友人知人と海、川、山の遊びを楽しんでた。
今の時期は山菜の始まりで山奥深く入るのがわくわくする程。

山々の豊穣さは目を見張るばかりで
ワサビの沢で採る天然物は香り豊かで市販物を遙かに凌ぐ一級品だ。
その代わりかなりの山奥に入るから月の輪熊との遭遇もある。

山ウド、コシアブラ、ハリギリ、オウバギボウシを始め
コゴミやワラビなどはそこら中にある。
タラの芽もだ。

県立おだわら諏訪の原公園という広大な広さを持つ公園が住まいの近くにあり
海に出ない日はここで散歩を楽しんでいるがタラの芽やワラビが少々生える所があり
タラの芽がちょうど食べ頃になって採りたい気分を押さえてる。
県立公園内の動植物は採取禁止になってるから仕方ない。
散歩の度に成長を見て楽しむだけ。


タラノ芽が食べ頃になってきた001.JPG
広大な園内。


タラノ芽が食べ頃になってきた002-1.JPG

タラノ芽が食べ頃になってきた002-2.JPG
長い長いローラすべり台。(大人も子供も楽しめる)


タラノ芽が食べ頃になってきた003.JPG
大山を望む。


タラノ芽が食べ頃になってきた004-2.JPG

タラノ芽が食べ頃になってきた004-1.JPG
採りたいなぁの気分を強くさせるタラの芽。
おだわら諏訪の原公園。
ホームページでご覧になってください。とても良い所です。
http://www.seibu-la.co.jp/suwanohara/



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする