2019年03月29日

アマダイシーズン総括

今季も数え切れない程のアマダイ釣行だった。
キロ級も数匹釣り上げいい思いもしたけれど
やはり他の魚同様釣果全体的には減少してるのが寂しい。
恐らく駿河湾だけの特異な現象だろう。
魚を育て枯渇を防ぐ手立てを探らないと増々の先細りが免れない。

ところで今季一番の良型アマダイは1.6kgだった。
この大きさになると身質はやや硬く筋っぽさも気になる。

釣り上げ中の趣は何とも言えずわくわく気分だが
食べて旨いのはやはりキロ前後だろう。
白身脂も程々に乗り刺身や昆布締めは何とも言い難い旨味が堪能できる。
もっとも釣りびとの特権だけど。

そして次の釣り物はシロギスからゴマサバ五目が毎年のことだが
シロギスは昨シーズン絶滅状態に近く一度も釣行しなかった。
今季はどうだろか。
恐らく期待薄だろう。
とにかく稚魚幼魚が育たないのだから致し方なし。

ゴマサバは湾内に入ってくれば船上が戦場になるほど釣れるのだが
それが今後の楽しみか。
それにゴマサバの刺身は絶品だし。

いずれにせよ今季楽しませてくれた沢山のアマダイちゃんに
ありがとさんを言わなくちゃ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする