2019年03月23日

楽しめる双眼鏡

常備しておくと何かにつけ便利な双眼鏡。
40年前に購入して以来随分楽しませてくれたし
北海道車旅のフェリーには無くてはならない程活躍してきた。

バードウォッチングには欠かせないし
遠くの何かちょっと気になる物を見るにも便利。

ところが長年使ってきたニコンの10×50の機種は
とても鮮明に見える優れものなのだが自重が1sある。

もう少し軽量なのが欲しくなり、つい先日Amazonで
ニコンのモナーク7 10×42の機種を購入した。
自重は650g。
何と軽いことか。

近くの公園に持ち出し小鳥を観察してたら大満足な使い勝手。
車旅の必携品になりそうだ。

双眼鏡の知識を持ち合わせてないと倍率の大きなものを選びがちになるが
一般的には8〜10倍ほどが適当だ。
対物レンズは大きい方が明るくて見やすい。
そして何より信頼できるメーカーを選ぶのも大事だ。


楽しめる双眼鏡001.JPG
40年以上使い込んだニコン製の10倍。


楽しめる双眼鏡002.JPG
今度購入したニコン製の10倍だが旧機よりはるかに改良されている。
それもそうだろう40年以上も前の製品との比較だから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする