2018年11月17日

魚料理のウロコ取りは楽しくない

ウロコ取りについては4年程前にも書いてるが少しばかり加筆部分を含め今一度。

釣果を料理する一番始めの作業は
何をさておいてもまずウロコを取らねばならぬ。
料理中一番おもしろくもない作業。
これを何とか少しでも楽に効率良くできないものかと模索してきた。
それらのこと重複部分と共に書いてみますね。

ことウロコ取りの道具は電動も含めいろいろ試してきたが
それぞれ一長一短あって的が絞れない。

電動は短時間ではかどるがウロコの飛び散り激しく
それが難点と高価がネック。

写真上のような昔からある形のものは電動ほど飛び散らないが
電動より時間がかかる。

一番飛び散らないのが写真下の道具でほとんど飛び散らないから
主だった部分をこれで取り
鰭際や細かい部分を写真上を使っての作業が適しているように思う。

大漁でとてつもなく沢山の場合は電動が勝る。
釣り魚でウロコ取りで手間のないものはタチウオぐらいしかないので
嫌でもこの作業はついてくる忍耐作業。


001.JPG
昔からプロ御用達として使われている“名器”。
小さな凸部の集合体でそれぞれのエッジ4辺の鋭利さが
使ってるうちにあまくなってくるので
中砥(1000番程)で時々エッジを研いで使用。
昔からのものでほとんどの板前が使ってる優れもの。


002.JPG
ストレートな名称で「なかでも優れたウロコとり」。
大まかなウロコはこれが優れもの。
ほとんど飛び散らず効率良く使える。
鰭際や細かい部分と小形魚は写真上を使うと良い。
単純な製品だが意外と使え1400円前後で買える。
大阪府の(株)シーリスト社製。

まとめ・・・この2種を用意しておけば鬼に金棒。


003.JPG
電動うろこ取り名人
愛媛県西条市(株)ホクト製
価格的にも一般的ではなく業者を対象とした製品。
スーパー、鮮魚店などでは効率よく使える。
とにかくスピーディーだから沢山の作業には優れもの。
価格13万円。
釣行毎10kgもの大漁なら出番大いにあり。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする