2018年07月23日

鯛のあら煮

7月17日食べ頃サイズのマダイとチダイを釣ってきて
刺身、昆布締め、干物、フライにした。

当然あらが出る。
あら煮にすればめっぽう旨い。

以前にレシピを書いたが久し振りなので
再び頭の兜割りと胸鰭の付いたカマを使った。

調味料は酒、みりん、醤油、砂糖だが水を加えないのがポイント。
アルミホイルの落としぶたを使った時に水を加えると泡が浮いてこない。
泡を活用すると鰭がぴんと立って見栄えが良く照りも出る。

魚の姿煮も鰭が立つとプロが煮たように見える。
重い落としぶたを使うと鰭がべたっとして見栄えが落ちるから
特に鯛の ように胸鰭が立派なのは活用しない手はない。


鯛のあら煮001.jpg
チダイとマダイ


鯛のあら煮002.jpg
アルミホイルを持ち上げ泡が上がってきて
魚を上から蒸す状態になり鰭もつぶれない。


鯛のあら煮003.jpg
仕上がったあら煮。立った鰭が見栄えをよくする。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 20:58 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする