2015年03月28日

オニカサゴの昆布締めを握り鮨にした

刺身も極上だがひと手間かけ昆布締めにすると応えられまへん。
そいつを酢飯に付けて食べるのだから何をか言わんや。
こりゃーもういくらでも食べられる。
これで酒を吞んだら超々高カロリーで見る見る体重増え自己嫌悪に陥る。
それ程旨い。

皮を付けたまま炙り造りにして昆布締めにしようと思ったが今回は皮は引いた。
オニの皮はアマダイやアカムツと違い
しっかりしてるから10〜15秒ほど湯通しする。
この酢締めがまたまた絶品で最高の肴になる。
釣り師でなければ叶わないこと。


001.jpg
昆布締めは15時間で出来上がり。


002.jpg
大きめに引いて握り鮨。


003.jpg
湯通し後、酢で締めた皮。


004.jpg
キモと胃袋の煮付け。


005.jpg
頭や中骨をあら煮にした。
皿は流氷焼き 植村宏光さん作陶。


006.jpg
あら煮用材料がたっぷり取れる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする