2015年02月09日

石花海のアカムツ目論み通り 〜 2月7日釣行

石花海の海底地形図を広げこの地形なら多分アカムツいるだろうとの所を見付け
Aさんに明日行ってみようと電話し早速船を出した。

ところが予報に反してとんでもない北風で海は大時化。

静岡市街の沖あたりで引き返そうかと思ったが
この時化を風上に船を戻すのは容易ではなく
南下するほど酷くなる状況の中強行する。

何とか目指す所には着いたが4mほどの波。
いつものことヤフー天気情報はほんとあてにならない。
北が1.5m波は1mの予報がとんでもない大荒れ。
嘆いてみてもしょうがなく今回も根性の釣り。

ところがどうだ、この悪状況の中、狙い通りのアカムツがAさん共釣れ出した。
それも600〜700g揃いが。
探し当てた場所は見事的中した。
こういう時はほんと嬉しい。

そのうち喰いが全く止まってしまって
それでは大形ユメカサゴポイントへ行こうと。

ここは何年も前に見付けた所だが
しばらく年数が経っているのでまだいるかなとの思いで。

釣り始めたと思ったら仕掛けトラブルや綱切り被害でもたついてたら
Aさん次から次へと釣れ出した。
それも35cm前後の正に大形ユメカサゴに恥じないビッグサイズ。

遅れて船頭の竿に乗ったのは何と40cmオーバーのキロ級。
当初サメでも掛けたかと思うほどの猛烈な抵抗を凌ぎAさんのタモに入った。
底引き網が入ってたらとっくにだめだろなと懸念してたが昔通りの釣れっぷり。

この頃になって時化の海が嘘のような凪になり少々飛ばして帰路についた。
石花海はきっちり応えてくれて大満足。

以上2ヶ所はシークレットポイントということで根絶やししないためにも
バカ釣りしないようにする。


001.jpg
Aさん早々700g。


002.jpg
船頭も同じく


003.jpg
Aさん700gのユメカサゴ


004.jpg
船頭は40cm超のキロ級


005.jpg
珍魚ヒオドシ


006_01.jpg

006_02.jpg
アブラツノザメ


007.jpg
大荒れの石花海


008.jpg
凪いてきた向かうに積雪の伊豆の山


009.jpg
600〜700gのアカムツ
さてどう造るか


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:51 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする