2014年06月25日

ダボ仕掛け 泳がせサビキ釣りのこと

当記事、最近の釣行記と重複する部分があることおことわりしておきます。

10年程前、雑誌ボート倶楽部に初めて紹介した記事なのですが
40mほどの以浅でカタクチの群がいれば
サビキ釣りの要領でカタクチを掛け、釣り上げずにそのまま落とし込んで
底物のヒラメ、マゴチ、ホウボウを釣るといった釣法。
(コマセは使いません)

この難点は仕掛けを自作しなければならないが
当時上記雑誌記事によりどこぞの釣具メーカーが模倣して
既製品を売り出したと聞くから市販されているかもしれません。
市販の一般サビキ仕掛けでは針が小さく
針スも細く底物釣りには耐えられない。

当時から3年ほど前までは駿河湾にも沢山カタクチの群がいて
豪快な釣りができたが今はカタクチが少ないから活用の場も少ない。

さて、仕掛けの自作だが初めは少々手こずるが
直ぐに慣れるし作るのがおもしろくなる。


【用意するもの】
○サバ皮か白や透明のビニール
○17号の丸セイゴ針
○6号フロロカーボンの針ス
○仕掛け上下に付ける接続金具
○赤のラッカー(針のチモトに付ける)

なおサバ皮の作り方と実際の仕掛けはこちらの記事を参照ください。


一番初めの試作時は6本針で作っていたが今は4本針。
サバ皮かビニールを17号丸セイゴ針に巻き付け30cmほどの間隔で結ぶ。
針ス長さは10cmほど。

この仕掛けを考えついた時、一番懸念したのが果たしてあの小さなカタクチが
17号の大きな針に掛かるだろうかと。
ところが試作して試してみたら当時の6本針全てに鈴なりになった。
(当雑誌記事中写真がありますが)
この時はほんと飛び上がらんばかりに嬉しかった。

カタクチの群が海面下にいることを示す真っ赤なモニター画面。
この時点で底物は釣ったも同然の心境。

頑丈に作った4本針仕掛けを入れれば直ぐ全部にかかるから
そのまま底まで落とすと初めはカタクチが暴れるプルプルとした感触が
伝わるだけだが早々にガッツーン。
正にこのガッツーンの形容にぴったりの衝撃で
竿が満月のように海面に突き刺さる。
ヒラメでもマゴチでも或いは馬鹿でかいホウボウでも何でも結構。
これで一丁上がりー。

一般の泳がせ釣りは一旦小魚を釣り上げ、泳がせ
仕掛けに付け直すから小魚は弱って元気よく泳がない。
しかも1匹だけ。
底物も警戒するからヒラメ40マゴチ30なんてことになる。

こちらの仕掛けは小魚を水からあげないのだから
超元気でピチピチキラキラしてるのが4匹も。
それが底物の目に止まれば早いとこ4匹全部喰っちまおうと
警戒心より喰い気の方が勝り飛び付くから子供でも釣れる。

人間で言えば真新しい一万円4枚が目の前でひらひらしてるのと似て無くもない。

この釣りをされる時大形クーラーを持参してください。
入りきらないなんてないよう。

このところ2人共サビキ仕掛けは用意して出掛けるが活用の場が少ない。
ついこの前少しだけ良い思いをしたが。

いつも書きますが毎日毎日あれだけの船団でシラス網入れてれば
カタクチいなくなりますよ。
湧いてくるわけじゃないんだから。
結局いつもここに辿り着いちゃうなぁ。

これから少しばかりはこの釣法で楽しめるよう
カタクチが沢山現れるよう願うばかりです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:59 | 神奈川 🌁 | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする