2014年03月12日

アカムツ釣りの楽しさ

天候に恵まれ凪の良いポイントに着き船を風に立て流れ方向を見定め
ではではというか、いそいそというかの感じで
この日初めての仕掛けを下ろす時は期待感でいっぱい。

着底間もなくギュンギュンとアカムツ特有の当たりが出れば
こりゃあきっと今日は大漁だぞ
なんて既に取らぬ何とかの算段と刺身昆布締めがオツム内ちらちらし出す。

駿河湾のポイントでは400〜500gほどが多いが時に700〜800gが釣れたりする。
さすがにこのクラスになると引き具合いもダイナミックで
お得意の腕クッションの出番になる。
竿が1.8mと短めを使ってるからこのテクニックは重要だ。

仕掛けの針は上2本がホタ針17号。
下の1本をムツ18号にしてる。
今までの経験から良形は浮いてるのだろうか上針に喰ってくる確率が高いから
抵抗も大きく針掛かりの穴が大きくなりバレを防ぐ為してるのだが
確かにホタ針は掛かってしまえば外れにくい利点がある。

このホタ針、メーカーによって針先がすぐに甘くなるのがあるから要注意だ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:18 | 神奈川 ☀ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする