2013年09月29日

北海道の人口事情

札幌を始め函館や旭川、それに小樽などの大きな市は誰もが知るところですが
北海道内には全部で28もの市があるのをご存知ですか。
そしてこの中で人口増加の市は札幌が断トツで
他に7ヶ所ありますがほとんどが微増です。

この28の市の全部を複数回、車旅で訪れて感じることは
一部を除いて何とも寂しい限りで夜の7時を過ぎる頃には人が歩いてない。
ちょっと実感できないでしょ。

例えば瑠萌市や名寄市。
JRの駅舎にも人がいない。
飲み歩いてる人がいても良さそうなのにと思うが
皆どこで飲んでるんだろかとさえ思う。

つまり時間をかけて発展してきた街が
人口減少によりその密度が低くなったことから
どこへ行ってもこんな実状が見られるのだろう。
寂しい限りだ。

札幌はといえば正に人口集中都市でさすがに賑やかだが
それでも9時頃になれば皆ねぐらに帰ると見え閑散となる。

北海道に限らず国内至る所に起きてる現象だろうけど
国のパワーはどうなっていくのだろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:17 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする