2013年05月19日

沖ギスの薩摩揚げ造り名人Aさん

300m立ち前後で五目釣りをしてると釣れてくる沖ギス。
腹の中にゴールドの固まりがあり海面まで意外に抵抗するから
馴れないうちは、おっアカムツ?なんてことになる。

沖ギスは居ないところには全く居ない。
これはヤマトタチモドキやナガユメタチモドキと同様
海底に群をなしてるのかも。

この両方は釣れ出すと次から次へとで、うんざりするのだが両方食べられる。
タチモドキもタチウオと同様に美味しく食べられる。

さてこの沖ギスだが薩摩揚げに作るとこれは旨い。
と言っても近頃は自分ではやらずもっぱらAさんが作ってくれるのだが
これを食べると市販物は食べられないほど上手に作る。

今回はこれにドンコを混ぜて作ってくれたのだが
酒を飲みながらにぴったり。

Aさんは釣り上げると船上で
すっかり下ごしらえをすませるから帰ってからが楽だ。
頭や腹わたを投げるから海鳥達が船にへばり付いてる。

以前にトウジンで作ってもらったがこれも旨かった。
手間はかかるけど皆さんも挑戦されてみては?


001.jpg
色合いも良いしとても旨い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:17 | 神奈川 ☁ | 【釣】−船友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする