2013年01月27日

いいかげん

沖釣りは根魚にしろ中層魚ににしろ棚取りは最重要事項だけど
例えば大勢が乗る遊漁船で中層魚を狙うコマセ釣りは
全員が同じ棚の位置でコマセを振らないと
魚群範囲が広がってしまうから船頭はこれを徹底させるが
少人数でやる場合その限りでなくても良いような気もするが。
いや、できればそうした方が良いのは当然なんだけど。

と言うのは鏡のような真っ平らな水面ならともかく
船は波やうねりによって上下に動いてるし
バウとスターン側ではその揺れ具合だって異なるだろうし
多少の誤差があっても大したことには思えないんだけど。

根魚の特にオニカサゴの仕掛けは
船宿によっては何センチの単位で指導するところがあるようだけど
これだって船は大きく上下に揺れてるのだから
それほど神経質になる必要あるのかなぁ。

私の場合仕掛け長さだって10cm前後の違いは気にしないし
主針と枝針なんか号数が違ってたりしても平気でやってる。
仕掛けについては実にアバウトで細かいことあまり気にしないなぁ。

つまりズボラなのね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:38 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする