2012年10月27日

車で行く北海道(5)〜 知床半島の紅葉を見に行く

紋別から小樽へ向かう。

国道273号にある道の駅「香りの里たきのうえ」は大好きな所で必ず立ち寄る。
地場産業のものが豊富でハッカを売っている。
風呂に入れると独特の香りがする。

前回ここで高価ではないが気に入った大皿を買って使いやすく大活躍してる。
で、またまた中ぐらいの気に入った皿があったが1枚しかないという。
そしたら女性スタッフが作家が近くにいるので紹介すると言うではないか。
実にいい話で早速電話をしてもらい地図を示してくれた。

何てこたあない道の駅から5分とかからない所で
作家本人が道路に出て待っていてくれた。
とても良い人で焼物の話が弾んで楽しいひと時を過ごし
作って送ってもらうことになった。
車旅のこんなことこそ醍醐味の極みだ。

何処まで行っても一直線の国道は北海道ならではだが
事故が起きると死亡率が高い。


001_1.jpg

001_2.jpg

001_3.jpg
こんなにも一直線な国道は道内にあちこちにある


002.jpg
お気に入りの道の駅


003_1.jpg

003_2.jpg
紹介してもらった流氷焼の窯元展示品


次回に続く。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:13 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする