2012年07月29日

ショック中華鍋が振れなくなった

10年も前は中華鍋の大きな方を振ることができたが
加齢と共に重さが億劫になってきて最近では使ったことがなかったのだが
野菜ともやし炒めの量を多く作ろうと久々に使おうとしたところ全然だめ。
両手持ちでないと振れない。
ほんとショックだ。

仕方なく小さい方で仕上げたのだが
炒め物のコツは超強火で大きな鍋で素早く仕上げるのが理想なのに。

片手で中華お玉を操りながら鍋を片手で振る。
この基本が大鍋ではできなくなってしまった。
もうこの大鍋が使えないんだとつくづく眺めると寂しい。

今まで沢山旨い物を作ってくれたのにせめて良い状態で取っておきたいが
後に使う人、いや使える手がない。
それでも揚げ物の時ぐらいは使ってやりたいなぁ。


001.jpg
小さい鍋/直径33cm 重さ1.2kg
これなら何とか使いこなせる。
業務用コンロ(というかバーナだ)は16,000kcalで中華鍋と相性ぴったり。


002.jpg
大きい鍋/直径38cm 重さ2.0kg
もう片手では無理だ。
両方とも長年使い込んで油が染み込んでとても良い状態。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:05 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする