2011年06月30日

剥がれにくい絆創膏は釣りの必携品

このところタチジギングであの鋭い歯の洗礼を2度も受けた。

タチ釣りは1時の爆釣モードを
いかに手返しよく処理できるかにかかっているから
ヒットしてから活き締め血抜きを手際よくやる必要がある。

だからフックを丁寧に外してなんかいられないから
口周辺に刺さったフックはタチには気の毒だが
首根っこをむんずと掴み、ジグを持って引っ張って外してしまうが
首根っこを掴む時、予想外の暴れ方で歯が手に触れてしまい

わーっ、、いっけねーー、、

なんて思った時は後の祭りで痛てーのナンの。

カミソリの刃と同じように結構深く切れるから
傷は小さくても血は次から次へと出てくる。
こうなると手返し云々なんて言ってられなく傷の手当てをする羽目に。

こんな時の為にいつも道具入れにはいろいろ準備はしてある。
その中で威力を発揮するのが写真にある防水タイプのバンソウコウ。

普通の絆創膏は脂ならともかく手のひらでは直ぐに剥がれてしまう。
ましてや水を使ったりしたら指でも剥がれてしまうところが
当品は塩水に濡れ帰ってから、魚の下ごしらえをし
風呂に入ってもまだ剥がれない。
手のひらなのに。

周囲をよく拭いて乾いた状態で貼るのが要点だ。
写真にあるニッパーのような物は返しの付いた針を
返しまで刺してしまった時に針のチモトを切って外す為に使いますが
まだこいつは使ったことないです。

いずれにせよ魚釣りは小さな怪我は付き物だから
準備万端で安心が得られますね。


001.jpg
防水絆創膏。
手のひらに貼って釣りをし、魚の下ごしらえをし風呂に入っても
一部分しか剥がれない。


002.jpg
左からニッパー 脂サック テープ 液体絆創膏コロスキン
消毒液マキロン 防水絆創膏
これだけ準備しておけばまず安心。
全部道具箱に入っています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー TREview
posted by ダボさん at 09:54 | 神奈川 ☁ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする