2021年01月03日

この寒さにもめげず小鳥達元気だ

海に出られず家にじっとしてる時小鳥達とのお付き合いが楽しい時間。

人が食事してるのをじーっと見つめてたらその人に怒られてしまうし
見てる方だってちっとも楽しいことなんてないね。

同じ食事でも小鳥達のそれは仕種がかわいく一日中見ていても楽しい。
相手もすっかり慣れていて硝子越しではあるが
1m以内に近づいても逃げることなく安心して餌をついばんでる。
それも結構な数だ。

当地は箱根外輪山の中腹で夜中から朝方にかけ外気はマイナスになるが
小鳥達は常緑樹の葉陰の中でよくもあの小さな体で凍死しないものだと
実に不思議なことだ。
しかも早朝の水飲み場は厚く氷が張ってるから
それを割って新しい水に入れ替えてやると水浴びを始める。
冷たくないのかと寒気がするが小鳥達はへーっちゃら。

常連はメジロ、ヤマガラ、シジュウカラだが
よくなついて警戒心は薄れている。
餌は自家製のバードケーキ、みかん、ひまわり種を切らさないよう与えてる。

闘争心の一番強いのはメジロで
個体によっては気が荒く時々取っ組み合いの喧嘩をしてる。
あのかわいらしく小さな体でどこにあの性格が潜んでいるのだろうか。
ヤマガラやシジュウカラの激しい気性の個体は見たことないのに。

餌の少ない今の時期、ここに来れば旨い餌に十分ありつけるのだから
小鳥達の正にユートピアだろう。

少し暖かい気候になったら餌場は撤去するのが毎年のこと。


この寒さにもめげず小鳥達元気だ001.JPG
バードケーキを食べるメジロ。


この寒さにもめげず小鳥達元気だ002.JPG
みかんを食べるメジロ。


この寒さにもめげず小鳥達元気だ003.JPG
ヒマワリの種を両足にはさみ器用に食べるシジュウカラ。


この寒さにもめげず小鳥達元気だ004.JPG
おすまし姿のシジュウカラ。


この寒さにもめげず小鳥達元気だ005.JPG
ヒマワリの種を食べるヤマガラ。
ケージ内にヒヨドリは入れず来なくなって
小鳥達が安心して食事できる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2021年01月01日

ポイントを変えたら僅かに良くなったアマダイ 〜 12月29日釣行

少し以前まで今の時期1キロ2キロ級のアマダイが出ていたが
今シーズン500gも難しい。
つまりほとんどが天種サイズで釣り上げてる最中少しもおもしろ味がない。
今シーズンこのままなのだろうか。

アマダイは極端に大きなサイズは刺身にしても身が筋っぽく大味だが
1s前後は最高。
しかし釣れないことにはどうしようもない。

回遊してくる青魚はタイミング良ければ釣果上がるが
底魚は取り尽くしてしまえば回復に時間がかかるし
まして稚魚幼魚まで取り尽くせば死の海に向かってしまう。
駿河湾で遊漁船を営んでる船長とこのような話をすると
全くその通りだと危惧してる。


駿河湾もっと大切にしたい思いです。


ポイントを変えたら僅かに良くなったアマダイ001.JPG
少しポイントを変え探ったら前回より僅かにましなサイズ。
念願のイトヨリは600g。
もちろん昆布締めね。


ポイントを変えたら僅かに良くなったアマダイ002.JPG
年末の新聞記事を見たら駿河湾を連想してしまったよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ