2020年09月04日

福井名産小鯛の笹漬 〜 8月29日釣行

福井県の若狭湾に面した小浜市はとても風情あって良い街だ。
車旅で何回も訪れているのだがいつも「せくみ屋」というホテルに泊まる。
食事が良いことと海の側だから。

この小浜市の名産に焼鯖やアマダイに並んで小鯛の笹漬がある。
そうです、わたし達が釣ってくる
キダイ(レンコダイ)を使ったとても美味なもの。

これが釣れると天ぷらか酢締めにし食すのだが
笹漬と同じ作り方でとても簡単に作れる。

締めサバや締めアジと全く同じで異なるのはそれぞれの時間だけ。
身が薄いから短い時間にすればよい。
つまり塩と酢で締めるだけ。
笹漬と異なるのは皮目に細かく包丁目を入れるのと笹の葉は使わない。

この日もアジ、サバ狙いで出たのだが本命は釣れず
キダイが少しばかり釣れたので酢締めにした。
もっと小さければベストなのだが
選んで釣る訳にもいかないから写真のようなので作った。


福井名産小鯛の笹漬 001.JPG
酢締めの材料。


福井名産小鯛の笹漬 002.JPG
出来上がった酢締め。
冷蔵庫に入れ水分を飛ばした。


福井名産小鯛の笹漬 003.JPG
旨そうに引けた。
さぁー冷酒旨いぞ。
素材を調達し作る楽しみの後、旨いものが食える。
釣りびとでなければ叶わないこと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

昆布締めで使った昆布どうしてます?(3)

魚料理で一番多いのは昆布締めかな。
何しろアルコールの友で相性が良い。
そんなことで頻繁に作るから使用後の昆布が増える。
でもこれも肴になるから消費してしまうが。

今回自分でも目から鱗の食べ方を見付けた。
と言っても大それたことじゃあない。

2019年12月15日記事の油で揚げることを記しましたが
揚げないでそのまま食べるだけ。
しかしこれは今まで気が付かなかった。

揚げる時の様に小さく切った昆布をザルなどに広げて
冷蔵庫に5日間程入れ完全に乾燥させるだけ。
煎餅の様にパリパリにさせ食べ出すと後が引く。
魚の旨味を吸収してるから旨いのは当然。

湿気らない容器に入れたまま冷蔵庫で保管すれば旨味は持続する。
ポイントは完全に乾燥させるだけ。
生乾きだと歯触りが良くなく味もいまいち。
酢の物、揚げ物、乾燥だけと3通り揃った。


昆布締めで使った昆布どうしてます?(3).JPG
パリパリに乾燥した昆布締め使用後の昆布。
無駄なく完全消費。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ