2020年09月29日

嵐の中で沖釣り 〜 9月26日釣行

早朝4時30分に桟橋離れたらタチ釣りに出てた僚船K艇が入れ違いで帰ってきた。
外海は東が吹いてるとのこと。
なるほど港内もドンブラコ状態。
外堤防手前から大波とうねりで7ノット程しか出せない。

おおよその荒波は経験済みだが
今回のは特別酷くかなりの波でも10ノットで走れるのに7ノットでも心許ない。
灯台をかわせば何とか10ノットは出せる。
ポイントまで1時間40分も要した。

この荒れた海面を反応探しで1時間も徘徊したがどうにも見付からず
僅かな反応の風上に投錨するも走錨して定まらず打ち直して何とか止まったが
小潮なのに潮流速く雨も結構降ってこれじゃあ嵐だ。

竿を出す気にならずだがAさん仕掛け入れてる。
ラインは30度も斜めで当たっても巻上途中流れの抵抗で直ぐ外れてしまう。

これじゃ仕方ないから今日はあきらめようと風上に向かっての帰港だから
これまた7〜8ノット。
こんなことは2人共初めてだ。

ちなみにこの日の予報は
朝6時から午後3時まで北寄りから南寄りに変わって1〜2mだって。

大外れ。
嵐だってば。

ヘトヘトになって帰ってきたよ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年09月27日

彼岸花、今年も

毎年彼岸の時期に約束したように咲いて目を楽しませてくれる紅白の彼岸花。

茎の伸びが筍のように早く伸びみるみるうちに花を咲かせる。


彼岸花、今年も.JPG
庭の片隅に色鮮やかに咲いた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年09月25日

ドンブラコ状態の中よくぞ釣った 〜 9月19日釣行

早朝は南西が4mでその後平穏との予報が出てた。
ところが一向に治まるどころか増々酷くなる。
南西風に向かって10ノット程でしか航行出来ず
ポイントに着いたのは1時間20分後。
いつもの倍以上かかった。

バウが激しく上下する中Aさん投錨スタンバイ。
何とか理想のポイントに投錨。
船は風に立ってるから釣りにはなるが上下動激しく棚が定まらず大苦戦。

魚影は出てるから期待の釣り。
しかしこの荒れ海でさすがに一艇も出てない。
見渡す限り船影無し。

そんな中一発目は船頭の竿にアジがきた。
中型だ。
今回は強風なのに走錨せず船に魚が付きだして反応の連続でよく喰ってくる。

海は白うさぎどころじゃない白馬が跳ね出した。
こういうことは二人とも馴れてるから根性の釣り。

この日はキロ級のマダイやイトヨリこないなぁなんて言ってたら
竿先が海面に突き刺さった。

そーらおいでなすったマダイちゃん。
随分元気がいいからドラグを更に緩め腕クッションフル活用。
何しろクッションゴム嫌いだから。

上がってきた。
おっ、キロ級あるかな。
アジも釣れ続く。
Aさんはもう竿畳んでる。
釣れすぎたみたい。

ちなみにコマセはほとんど撒いてない。
上部の口を僅かに開いているだけ。

クーラーは重いし餌もなくなり帰り支度。
でっかい南西からの波に押されながら
波間のアップダウンを乗り越え30分でマリーナに。
しかし荒れた海は何度経験してもおっかないなぁ。


ドンブラコ状態の中よくぞ釣った001.JPG
今回は釣果のアジ全部を写真撮り。


ドンブラコ状態の中よくぞ釣った002.JPG
マダイは900gだった。


ドンブラコ状態の中よくぞ釣った003.JPG
今夜はアジ刺パーティーだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年09月18日

外海は流木だらけ 〜 9月15日釣行

波の予報はベタ凪だったのに。
港内が大きな波。

こんな時は外堤防出るのが気が滅入る。
Aさん鯛場を過ぎれば大丈夫なんて言ってる。
灯台をかわしてしまえば南は風下になるからと強行しいつものポイントで投錨。

反応は寂しいがそのうち寄るだろうと開始したら早々にアジがきたが小さい。
このところ大アジが姿を見せないがどこ行ったんだろう。

GPSを見ると強風のため走錨し大きくポイントを外れる。
錨の打ち直しで今度は止まったが当たりは少なく反応も全く出なくなった。

しびれを切らしアマダイに変更。
予想通り天種サイズが少しばかり釣れた。

風は落ちて無風になり操船に手こずる。
南西に雨雲がきてるので引き上げてきた。

それにしてもこれ程流木の多い日も珍しい。
ペラに当たれば被害を被る大きさだから怖いのなんの。
ペラの修理は結構な散財になるからね。


外海は流木だらけ001.JPG
小型化したアジ。


外海は流木だらけ002.JPG
アマダイとキダイは天種に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2020年09月15日

真鯛の1kg前後は旨いよー 〜 9月11日釣行

特に牝が旨いと思う。今の時期は。
この日の釣行はベタ凪で流し釣りには不向き。
相変わらずの投錨釣り。

反応出てるポイントを見付けそこに船が静止するよう潮上に投錨するのだが
流し釣りと異なり芳しくないから
他に移動したくてもウィンチでアンカーを上げなければならず
これが中々面倒な作業になるからできれば一発で決まるよう操船し
投錨ポイントを決めなければならずこれが結構難度が高い。

その代わり計算通り船がそこにぴたっと静止すれば後は何もやる事がなく
船頭にとってはこれ程楽チンな釣りはない。
ラインを立てたり潮回りをしたりの面倒なことがなく釣りに専念できる。
ただし潮流れの影響をもろに受けるから
その時々によっての棚取りに神経を使う。

そんな中この日は上手く反応上に船を止められ潮流れもそこそこ。
しかし賑やかな反応ではなく
ポツリポツリで出たからといって必ず喰うわけではないから
あまり反応に過度な期待はできない。

アジの魚影がこんなに出てるのに何故喰わないの?
なんてことよくあること。
魚影が出ていても魚探は深くなる程探索直径が広がるから
全部が船の真下にいるとは限らず魚の喰い気にも左右される。

そんな中で食べ頃のマダイが5匹ヒットしたが
1匹は船底に潜られプロペラシャフトに絡んでしまい針ス切れ。
1番の大型だったようだが残念。
でもまぁ4匹釣り上げれば良しとしないと。
アジは型が揃わず大中小混じり。

しかし何と言っても暑さに根負けした一日だった。
80のジイサンよくぞ熱中症にもならず釣りしてるなと。
やはりバカキチなんだろな。


真鯛の1kg前後は旨いよー001.JPG
マダイは1kg、900g、800g、700gと正に食べ頃サイズ。


真鯛の1kg前後は旨いよー002.JPG
アジは大中小で型揃わずだったが脂乗りは良かった。


真鯛の1kg前後は旨いよー003.JPG
その他のゲスト。
イトヨリ、ソコイトヨリの塩焼きは旨いよー。
それとねカイワリの酢締めも中々よ。
キダイと一緒に作る。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ