2020年08月06日

今の時期のマアジは 〜 8月3日釣行

前回とは打って変わった海はうねりもなく風もなく
湖のようで少々ぶっ飛ばして走りたいのだが
潮目とその周辺は丸太が漂って危なくままならない。

ポイントに入って魚探を見るも寂しい限りで
徘徊の末やっと前回ポイント近くで僅かな魚影を見付け潮上で投錨。
あまり満足な魚影ではないが仕方なし。

ポツポツAさん共々アジ、サバがヒットするがこのところアジが小型化してる。
500g前後か。
それでも幅広で脂の身質が見て取れる。

このアジの当たり、なんだかいかにも食ったぞというサインと
竿先に微妙な違和感しか現れず見逃してしまう当たりがある。
少しでも竿先に異変を見たら空合わせを入れてみると
案外針掛かりしてる時がある。
Aさんはこれの名人。

そんな時引っ手繰るマダイの当たりがあってドラグ調整しやり取り開始。
かなり手強い引きを腕クッションでいなしてる中
イトヨリだったら狙い通りだなと算段し浮いたのは正にそれ。

マダイより余程嬉しい。
キロ級か。

何を狙うにもゴムクッションが嫌いで
使わないからドラグ調整と腕クッションが頼り。

カツオのようなサバも釣れてくるしチダイにキダイもお出まし。
Aさん、クーラーに入らないと竿をたたんだ。
船頭もクーラーが重くてもう止めよう。

一日中凪の海で潮流れもそこそこで楽しい釣り日和だった。


今の時期のマアジは001.JPG
全18匹。
少々小ぶりにはなったがほとんどの個体は申し分ない脂の乗りで旨さ抜群。
刺身は甘味すら感じる。
マイナス30度の冷凍庫に真空パックにし保存しておけば
旨い旨いアジフライがいつでも食べられる。
アジはやはりフライが一番好きよ。


今の時期のマアジは002.JPG
この日の赤い魚。
チダイ、キダイ。
イトヨリはキロにはちょっと足らなかった850g。
これを炙り造りにし更に昆布締めにすれば激旨。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ