2020年02月28日

梅満開とクレソン(2)

小田原市立公園フラワーガーデンの満開の梅が見事なこと。

その中を清々と流れる小川の中に
緑が映えるクレソンの群生が目を楽しませてくれる。
採って食べたらどんなに旨いことかと。
いつもいけない考えが浮かぶ。
採ろうと思えば直ぐ手が届く所に生えてるのだから。
これがクレソンだと解る人が増えたら
早々に無くなってしまうのではないだろか。

もう少し経つと芽生えてくるタラの芽だって脇芽も2番芽だって
ものの見事に採られてしまうことからも大いに有り得ることだ。
手を付ける人が皆無なら
生命力が強いクレソンはまだまだ増え続けるだろう。

公共の自然を守る大らかな気配りができる人達ばかりならなぁと
思うがはたして。


梅満開とクレソン001.JPG
木道と満開の梅。


梅満開とクレソン002.JPG
見事に咲いてる梅。


梅満開とクレソン003.JPG
小川の中に群生するクレソン。


梅満開とクレソン004.JPG
旨そうなクレソン激写。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

アマダイの炙り造りを昆布締めに 〜 2月19日釣行

気象予報は北寄り4〜5mだが相変わらず寒い。

アジ、サバ、タイは当初からあきらめアマダイ狙いで南下するも
早朝であれば反応は出てる。
少し明るくなれば消えてしまうからパスして。

何とか刺身サイズのアマダイを飽きない程に釣り上げるが
ほとんど潮流れがない一日、いつもより少し棚を上げ気味にし
喰い気味を誘うがキロ級は来ない。

どうにか刺身になるのを釣り上げた後
帰って炙り造りにし更に昆布締めにした。

皮の旨味が伴い炙りが利いてる。
少し薄めの削ぎ切りにしポン酢ワサビで肴にした。
中々いける。
1kg前後なら尚更旨いのだが釣れなければ始まらない。


アマダイの炙り造りを昆布締めに001.JPG
炙り造りの昆布締め。こんな感じ。


アマダイの炙り造りを昆布締めに002.JPG
この日の釣果。


アマダイの炙り造りを昆布締めに003.JPG
この日の珍魚シキシマハナダイ。
ケバケバしい色合いに似合わず塩焼きが良かった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:48 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

ラーメン店の店主

今までラーメン店特集のグルメ雑誌を見てた時から
なぜだろと常々思ってた疑問。

写真撮りでポーズをとってる店主は腕組みしてるのが多い。
今回もチラシ広告に載ってる6軒中4軒の主のポーズが腕組みしてる。

なぜこのポーズが多いんだろ?
不思議だなぁ。

腕組みを広辞苑で見ると物事を考える時などのしぐさと解説してる。
だとしたら写真撮りの時何かを考えているのだろうか。
それとも単なる格好づけなのか。

和食料理人や洋食のシェフで
腕組みした写真は見たことがないように思うが
ラーメン店の主だけがなぜだろう。
摩訶不思議。


-ラーメン店の店主.jpg
6軒のラーメン店主の4人がこのポーズをとってるチラシ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 🌁 | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

度々ばれる原因の一つに

がっちりうまく合わせ針掛かりさせたのはいいが
途中でばれる回数が多いこと経験された方多いでしょうね。

オツム内は

???

ばかりで逃した魚は大きいってなことになる。

主な原因はご存じの通り針掛かりが浅いことや掛かり場所の悪さ
穴の広がり、針ス切れなどだが意外に気付かないのが針が伸ばされ
つまり針のフトコロの広がりに気付かず
使い続けてる場合に往々として誘発する。

よくあることだが飲み込まれた針を針スを持って強引に引き抜いたりすると
針が伸ばされ針先角度が外側に向いてしまうことがある。

これ意外と気付かない。

使い続けると“なぜだろ”が多発する。
針先角度はかなり微妙で僅かな変形にも影響を及ぼす。

針ス結びが“背針”になっているだけでもばれの原因になるから
これと同じく要注意。
何しろ魚と直接の接点は針だけなので針には重々気を配りたい。


度々ばれる原因の一つに.JPG
ごく僅かだが強引に引き抜いた左の針先は外側を向き
結果フトコロの広がりにつながっているチヌ5号。
右は正常。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 🌁 | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

クレソン

海に出ない日の散策コースに小田原市立公園のフラワーガーデンと
接続する神奈川県立公園の諏訪の原公園があり
車で10分ほどで行けるので
澄んだ空気と景観の良さを楽しむのにお気に入りの場所だ。
フラワーガーデンは今の時節、梅が満開で観光バスのコースにもなっている。

その公園内に心が洗われるような清流の小川がある。
そこにクレソンの群生があり清々しい大きな葉を付け
これも目の保養になる。
他の見方をするととても旨そう。

住まいの裏山にも以前にはあったが
人が多く入るので今はなくなってしまった。

クレソンは水の質を問わなければ多くの場所に生えているが
河川の上流に工場があったりすると排水が気になり食べる気にならない。

パセリと同じようにマヨネーズやサラダオイルを加工したものに付けて食すと
独特の香りがあっていくらでも食べられる。
しかしこの味は個人の嗜好によるところもあり苦手な人もいるようだ。

公園内散策の折、いつも旨そうだなと見つめてはいるのだが
場所柄から採ることはできず写真だけ撮った。


クレソン.JPG
満開の梅とクレソン


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 00:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする