2019年12月17日

小鳥に楽しませてもらうのは3月頃まで

小鳥を愛でる季節は始まったばかりで
これから数も増えるであろうし珍しい種も観られる楽しみもある。
船を出せない日は読書の傍ら観察の時が楽しいひと時。

窓際外側に密着してるケージに“来客”があれば本を閉じて小鳥に目を向ける。
硝子越しとはいえ今では1mほどの至近に置いてあるロッキングチェアからの
観察は正に特等席。
毎年のことだがケージの置き始めはここまで近づけないが
日が経つにつれ小鳥も馴れてくるようだ。

この日もケージ内の旨そうなみかんにヒヨドリが目を付け
ケージ周りをうろうろしてたが入ることも出来ず諦めて飛び去った。

ケージ内は清潔を保つ必要があり毎日餌の交換時に撒水で
掃除の手間はかかるが楽しませてくれるためのサービスだ。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで001.JPG
硝子外側に密着させてある子犬用ケージで作った小鳥専用ダイニング。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで002.JPG
こんな書籍も参考にしながらの楽しみ。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで003.JPG
庭からのケージはこんな感じ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする