2019年12月21日

ラップ、ラップ、食品ラップ

サランラップは旭化成のブランド商品。
その昔この手の商品は他にあまり無かった。
今では数え切れない程のラップが溢れてる。

だが粗悪品の多いこと。
廉価にするため材質を落としたり薄くしたり
苦労の跡が計り知れるが一番苛立つのは巻き込み。

忙しい時の巻き込みは箱から出して千切れ端を探し出し
やっと見つけつまんで引き出すと思わぬ方向に切れてしまいロスが多くなる。
スーパーの自社ブランド商品の中にもこんなのがあり
一度経験すると二度と買わない。
“安物買いの銭失い”の典型的だ。

旭化成に知り合いの人がいて先日サランラップをいただいたが
やはりこれに勝るラップは他に見ない。
値段の違いもあるだろうが無駄なロスを出さないで済むことを考えると
価格だけの価値はあるように思う。

とにかく料理中は正に湯水の如く消費するラップ。
とても有難いいただき物。


P1070925.JPG
様々なラップの一部。
下の2本は旭化成のサランラップ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

大荒れ予報大当たり 〜 12月14日釣行

冷却水トラブル、気象状況などで半月も出船出来ず。
この日は早朝からしばらくはベタ凪だが10時頃より南西が10mの予報。
しかし禁断症状出まくってるから短時間でも船を出したい“症候群”には勝てず
タチ、底物五目で強行。

静かな海を南のタチポイントに入るも魚影はゼロ。
タチは無反応でも喰うこともあるから
取り敢えずやってみようとAさん共々仕掛けを入れるも
なるほど来ないなぁ。

たまにコツンとくるぐらいと時々餌を取られるから
そのうち何とかなるべと続けるがやはりだめで
薄明るくなってきたので南の五目ポイントへ。
タチはF4が1本だけで2人分の酢締めぐらいには何とか。

日の出寸前にポイントに入り期待しながら仕掛けを入れたら
中アジがポツリポツリとそのうち色々釣れ出したが大したことなく
深さもアマダイ向きだったので棚を半分に切って狙ったら
そこそこの当たりで途中マダイを思わせる引きが続き
海面に浮かせたのは1.1kgのアマダイで続いて680gも。

しかし風の様子が何となく本能的に違和感を覚え予報も出てることから
吹くかな、と思ってたら、たちまちのうちにいきなり南が10mも吹き出し
ウサギの大群が大きく跳ねだした。
治まる予報ではなかったので早々帰り支度。

風上に微速前進をかける中、Aさんがスパンカー降ろし。
こんな時2人でのワークは安心できる。

風に押され鯛場当たりまでくると凪状態。
しかし何分もしないうちに南から荒れてくるのは必至。

灯台沖当たりに小さなカヌーのようなのが出てるが大丈夫なのだろうか。
近くに寄って南から荒れてくること伝えようと思ったが
大きな世話焼きと思い素通りしたが
マリーナ桟橋に着ける間もなくここも吹き出しだ。
あのカヌーどうだったんだろ。

しかし今日の風予報当たったなぁとAさん共々胸をなでおろした。


P1070918.JPG
この日の釣果。


P1070916.JPG
同じく。1.1kg超と680gのアマダイ。
このぐらいの大きさが食べては旨いし脂も乗ってる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:46 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

小鳥に楽しませてもらうのは3月頃まで

小鳥を愛でる季節は始まったばかりで
これから数も増えるであろうし珍しい種も観られる楽しみもある。
船を出せない日は読書の傍ら観察の時が楽しいひと時。

窓際外側に密着してるケージに“来客”があれば本を閉じて小鳥に目を向ける。
硝子越しとはいえ今では1mほどの至近に置いてあるロッキングチェアからの
観察は正に特等席。
毎年のことだがケージの置き始めはここまで近づけないが
日が経つにつれ小鳥も馴れてくるようだ。

この日もケージ内の旨そうなみかんにヒヨドリが目を付け
ケージ周りをうろうろしてたが入ることも出来ず諦めて飛び去った。

ケージ内は清潔を保つ必要があり毎日餌の交換時に撒水で
掃除の手間はかかるが楽しませてくれるためのサービスだ。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで001.JPG
硝子外側に密着させてある子犬用ケージで作った小鳥専用ダイニング。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで002.JPG
こんな書籍も参考にしながらの楽しみ。


小鳥に楽しみもらうのは3月頃まで003.JPG
庭からのケージはこんな感じ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

昆布締めで使った昆布どうしてます?(2)

このところ昆布締めを沢山作りその結果使い終わった昆布の量が増えた。

2019年2月24日の記事「昆布締めで使った昆布どうしてます?」
酢の物に合うこと書きました。

ここでもうひとつの応用をお知らせします。

昆布締め後の軟らかいうちに3cm角ほどに切り
ザルなどに広げて冷蔵庫に入れよく乾燥させ
カラカラになったら170〜180度の油で素揚げにする。
パリパリに仕上がれば上出来でビールにとても良く合う。

かっぱえびせん並に
“やめられないとまらない症候群”になること必至。
味付けは何もしないが
魚のエキスを含んだ昆布の味だけで子供も喜んで食べる。
もちろんビール以外のあてにもぴったりでどうぞやってみて下さい。
とにかくそこそこ高価な昆布も食べ尽くせば無駄は一切ありません。


昆布締めで使った昆布どうしてます001.JPG
照りが出てパリパリに揚がった。
後を引いて次から次へ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

待ち焦がれたヤマガラ来た

寒くなってきて ダイニングのケージに集まる小鳥達が多くなり
楽しみ真っ盛りなのだが毎年の来客、ヤマガラが来なくて
少々寂しい思いだったがこの日(12月10日)午前中にやっとケージに入り
ヒマワリ種を食べた。
これでおそらく度々来るようになり仲間も連れてくるに違いない。

色合いも魅力的で姿格好もかわいらしく
シジュウガラと同じ餌を同じ食べ方で見ていて飽きなく楽しめる。

ヒヨドリもケージ内の餌を何とか食べられないかと
ケージ周りをうろうろしてるが
網目が細く入れないから諦めてあまり来なくなったので
小鳥達は蹴散らされず安心して餌をついばむことができる。

この日はウグイスもケージに入ったが
この小鳥は警戒心が強く写真撮れず。
ウグイスの鳴き声は度々聞くが人目に姿を晒すことは滅多にない。


待ち焦がれたヤマガラ来た001.JPG
待ちに待ったヤマガラがとうとう訪れた。
これで常連客はメジロ、ヤマガラ、シジュウガラ、
時々ジョウビタキの小鳥達。


待ち焦がれたヤマガラ来た002.JPG
左右にメジロ、中央シジュウガラ。
小鳥達の写真は動きが激しくピンボケになりやすくとても難しい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:35 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする