2019年11月30日

予報に反して港内も荒れ模様 〜 11月29日釣行

気圧配置が安定しないこの頃なので風波予報は盲信せず出船するのだが
それにしてもこの日は吹いた。

清水港内でもデッドスローにも係らずスプレーが飛び
これでは南のタチウオポイントに行き着けても釣りにならんだろうと
興津沖でやることにした。
ここなら北寄りは何とか凌げ船を立ててしまえばタチの当たりは取れる。

さすがにこの荒れでは他船は一艇も出てない。
暗闇の釣りは他船に神経を使うからその点は心配ない。

2時間程度でAさん共々そこそこ釣り上げ喰い渋ってきたので
南の大アジポイントへ強行。

途中鯛場に僚船「T」が入ってたが反応見えずで更に南下。
北に追われての航行だから問題ないが
ポイントで船を立てても当たりが取れるか。
また棚の大きな上下も気になったが何とか釣りになった。

しかし北に向かっての潮廻りがしんどい。
スパンカー展開してるから舵利きも悪いときてるし。

まぁそれでも種々釣果もあって北風もようやく落ちてきて
帰港時は自動操舵で楽々マリーナへ。


予報に反して港内も荒れ模様 001.JPG
この日のタチはF4前後の形揃い。
血抜き活き締めで頭がないのはいつも通り。


予報に反して港内も荒れ模様002.JPG
下ごしらえと3枚おろしが済んだ旨そうな身。
血抜きのおかげで身は真っ白。


予報に反して港内も荒れ模様 003.JPG
アジも程々だったが形が少々物足りなかった。
マルアジ混じり。


予報に反して港内も荒れ模様 004.JPG
キダイも前回同様中くらい揃い。


予報に反して港内も荒れ模様 005.JPG
その他大勢。
サバも良形揃いだったが写真撮らず。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 16:15 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

うろこ取りは楽しくない

大漁にしろ貧果にしろ釣ってきた魚を食べるには避けられないうろこの処理。
アマダイの松笠揚げは別にして
これが楽しくて仕方ないなんて方いませんよね。
ガリガリゴリゴリちっとも楽しくない。

一般家庭のキッチンでやればそこら中うろこが飛び散り
かーちゃんにおこられるし良いこと一つもない。

結局何とかして楽に出来るよう工夫するしかない。
工夫ったってビニル袋の中でやるか道具の選択ぐらいしか考えつかない。
その道具も今まで随分色々見てきて良さそうなのを試行錯誤してきたが
力が不要で飛び散らない物は未だかつて見たことない。

今手元にあるものをまとめて紹介してみます。
そこそこ良さそうと思われる6種です。


うろこ取りは楽しくない00101.JPG
2014年に購入した一番の大仕掛けで
電動うろこ取りは大漁時に強い味方になる。
しかしこれを普通のキッチンで使ったら
かーちゃんに大目玉食らうこと間違いなし。
つまり業務用ということでしょう。

三枚刃が横に高速回転するが
ゴム手袋の脂に当たっても怪我をせず安心して使え
魚の大小問わずしかも鰭際もきれいに落とせる。

2014年12月13日の記事にもしてるから丸5年間使用しているが
故障もせず6種中一番の優れものでとにかく楽々。

コードをコンセントに差し込んで
回転刃のコードを本体につないだりの少しの手間はあるが
短時間で処理できる。

高価がわざわいするが大漁時はこれ程頼りになるうろこ取りはない。


うろこ取りは楽しくない002.JPG
なかでも優れたウロコとり
このへら状の道具は上記とは対照的に廉価で鯛などには活躍する。
つまり平面の多い魚に適している。


うろこ取りは楽しくない003.JPG
鱗トル
ゴムの材質で理屈はへら状のと同じだが
少々高価なだけあって使い勝手は良い。


うろこ取りは楽しくない004.JPG
金属タワシ
ヒラメ、コチ、など大形魚の細かく頑固なうろこには一番ではないだろか。
廉価だし。


うろこ取りは楽しくない005.JPG
金属ブラシ
これで落とせないうろこは他のどれを使ってもだめみたい。


うろこ取りは楽しくない006.JPG
昔から板前御用達のロングセラーで
おおよそはこれ一本で用は足りる優れもの。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 07:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

さかな、SAKANA、魚

旨い旨いがたっぷり入った30Lクーラーボックスの蓋を開け
さてさてそれじゃ始めるかと、うろこ落としに取りかかる。
大漁時は電動うろこ取り機が活躍する。

次に調理鋏で鰓の付け根3ヶ所と肛門から腹を削き
鰓をつかんで腹わた共々引っ張り出し流水の下
歯ブラシで腹中きれいに掃除し下ごしらえ終了。

包丁は一切使わず鋏だけの作業だが少しも楽しさやおもしろさの無い工程。
でもこれをやらないと先に進まないから仕方なく。
掃除し終わった魚の水気を拭き取り差し当たっての下ごしらえ終了。
この後は干物作りは除き水洗いはしない。

ここから包丁を用いた料理本番に入る。

まず頭を落とし三枚おろしにした身から腹骨をすき取り
これと中骨、頭は出し汁の優れた材料になる。
始めに鰓の処理をしたのは頭も出し汁の材料にしたかったからに他ならない。

この後もう一つ楽しくない作業、血合骨の処理がある。

魚種や個体差によって
身離れ悪く途中で千切れてしまうのがあり
サバはそんな個体に巡り合うことがある。
締めサバ作り時苦労することがあるが面倒なので血合身と一緒に
縦に切り外してしまう。
抜きやすさの良否は魚の外見からは分からない。

これで小骨一つない三枚おろしの身になるが後は皮の処理の有無だけになり
刺身、干物、揚げ物、煮たり焼いたりとどうにでも応用できる材料になる。

こだわりたいのは刺身造りだが引いた身の角が立つよう
鋭利な柳刃や蛸引きを用いればこれ以上のことはない。

魚釣りとその料理は趣味と実益が伴った良い道楽ではありませんか。
認知症なんて尻尾巻いて逃げ出しますよ。

その認知症検査が免許更新時に必要とかで先日行ってきた。
おおよそパーフェクトだったが16種のイラストを見せられ
時間を置いてからその種を記せとの設問は少々頭をひねったなぁ。
何分かの間に16種を丸暗記するのは老脳にはちときついことで。


さかな、SAKANA、魚001.JPG
昆布締めにした大アジ。
皿は三上 亮さん作陶。


さかな、SAKANA、魚002.JPG
昆布締めの大アジ、タチウオ、イトヨリの三点盛り。
こんなので酒が呑める釣りびとはホントシアワセね、ご同輩。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:01 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

暗闇の変則的な波は怖い 〜 11月20日釣行

タチウオの天ぷらとフライが食べたく、このところ暗闇の中出船するのだが
どういうわけか毎回外海は北寄りの風と南からのうねりで
気味悪い変則的な波、それも結構大きく船が翻弄されとても怖い。
真っ暗で波の状態が見えないからなおさらのこと。

一般的に我々の船は車と違って前方を見渡せる前照灯がなく
相手船から確認できるだけの航海灯しか付いておらず
前方や周囲を確認できる術がないから荒れた海はとにかく怖い。
明るければ操船で凌げるのだが・・・。

そんな思いをしてもタチウオ釣りたく出て行く釣りキチ。

ものの2時間足らずのタチ釣りで
その後は大アジになるのがこのところのパターン。
タチは5匹の中、F4が2匹混じり嬉しい釣果。
大アジは数釣り出来なかったが良形揃いでそこそこだった。

どういうわけかキダイの良形も揃った他にイトヨリの900gが出た。
これも嬉しい。

そして毎度のこと午前10時ほどになると風はピタッと収まり釣り難くなる。


暗闇の変則的な波は怖い001.JPG
今回は全部マアジの形揃いで見るからに脂乗りノリ。


暗闇の変則的な波は怖い002.JPG
ソコイトヨリ3匹に900gのグラマーなイトヨリ。
脂の乗りが最高。刺身と昆布締め。


暗闇の変則的な波は怖い003.JPG
キダイも形揃いで3枚おろしで干物に。


暗闇の変則的な波は怖い004.JPG
下の2本がF4の食べ頃サイズ。
頭がないのは活け締め血抜きのため。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 12:06 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

マアジとマルアジ 〜 11月15日釣行

タチのポイントに魚影が全くない。
駄目元で仕掛け入れてみるかとAさん
ポツリポツリは反応ないのに釣れてくる。
しかし長続きしないだろうと思ってたらやっぱり。

早々にアジポイントへ移動。
反応は大したことないが喰いは良く
期待通り釣れてくるが何故かマルアジが多い。

これいつも思うんだが僅かにしか離れてないのに
ポイントによってマアジが多い所とマルアジが多い所があるみたい。

マルアジは干物とフライが実に旨いからこれはこれで嬉しい。
腹中に脂肪の塊が入っていれば刺身もマアジに劣らない。

この日も実にいろいろ釣果がクーラーに納まった。
タチから始まってマアジ、マルアジ、マダイ、キダイ、カクアジ
マサバ、ゴマサバ、イトヨリと誠に賑やかなこと。


マアジとマルアジ 001.JPG
タチはほんのおかず程。


マアジとマルアジ 002.JPG
アジはこれだけ釣れば十分。


マアジとマルアジ 003.JPG
サバも良形揃いだが頭と腹わた抜きが面倒で
そのままクーラーに入れたのもある。


マアジとマルアジ 004.JPG
この日の赤い魚。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:54 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする