2019年09月11日

エンジン冷却水吸入口ごみ詰まり 〜 9月6日釣行

この日も安倍川沖への“通勤”。
少々時間かかるがあぶれることがないので通ってしまう。

外堤防を出るまで赤い灯をチカチカさせた小さな船が多く気が抜けない。
タチをやってるんだろうけど周囲を確認せず
前方に出たりでヒヤヒヤさせられるのが多い。
他船からよく見えてないこと留意すべきだ。

さて、いつものポイントに入るがやはりというか反応が出ない。
かなり速い潮流れに乗せてたらいきなり大アジ反応が少し高めの棚に出た。
速仕掛けを落とすが棚までの落下時間内に消えないこと願って。
この反応は棚を合わせると一発で喰ってくるから
棚までの落下時間がまどろっこしい。

そこそこ広い反応で思い通り棚に入ったらAさんと同時にきた。
大アジだ。
取り込んで大急ぎで再度落とすと直ぐさまきた。
しかし反応はここまで。

消え失せて船跡を辿っても見つからずで周囲にも見えない。
いつものパターン。
それでも小さな反応を苦労して見つけ出し4匹釣り上げたが
この後はどこをどう探してもサッパリでアマダイに変更。
これも飽きない程に中アマが釣れてくるが手持ち竿にアマではない当たり。
慎重に巻き上げるもアマより重く首をゴンゴン振る引き具合は
もしかしてと思った通りの1.2kgのオニカサゴが大口を開けて上がってきた。
これはこれで良しと。

さてアマダイをツ抜けにしようかと欲の皮が突っ張った時
冷却水関係に異常アリの警告音が鳴り出した。

水温計も僅かに高め。
そう言えば先ほどごみの帯に乗ってしまったが
ポイントを動きたくないのでそのまま釣り続けた時
給水口にごみが詰まったらしくツ抜けどころじゃないと
デッドスローで何とか帰港したが音は出なくなってる。
航行中にごみが取れたようだ。

釣行回数が多いといろいろあるものだ。


エンジン冷却水吸入口ごみ詰まり001.JPG
大トロアジ最大は850g。
脂乗りが半端じゃなく旨々。


エンジン冷却水吸入口ごみ詰まり002.JPG
1.2kgの食べ頃サイズのオニカサゴ


エンジン冷却水吸入口ごみ詰まり003.JPG
吸水口トラブルでツ抜けにならずの中アマ。
それにしても潮流れが速い日だった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 17:13 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする