2019年08月30日

激安の集魚材

ベニアコウまでの深海釣りに対応できるフラッシュカプセルは高価なので
根掛かりロスをしてしまうと泣くに泣けない。
何回も繰り返し使える利点はあるが、それにしても値段がなぁー。
なんて方いらっしゃるでしょうね。

そこでこんな情報はいかがでしょう。
一回限りの使い捨てにはなるが25円で賄えるアイテムあります。

100円ショップの光るブレスレッド4本入り。
ロスしたって痛くも痒くもなく便利に使える。

今までアコウまで使ってるが6気圧前後の深海で活躍してくれるから心強い。
アカムツ釣りには正にぴったり。

本来は子供が手首に巻いての遊び道具なのだが
まさか魚釣りに使うとはメーカーも販売店も思ってはいまい。
昔から深場釣りに活用してるがお気に入り。

リーダーに添わせてセット出来るので使い勝手も良い。
試してみてください。


激安の集魚材001.JPG
ミヤエポックの集魚灯と100円のブレスレッド。


激安の集魚材002.JPG
こんな状態で4本入ってる。1本25円。
1本でほぼ一日使える。


激安の集魚材003.JPG

激安の集魚材004.JPG

激安の集魚材005.JPG
キャップのようなものが1個ずつ付いてるので
これを中間で切ってリーダーの上下に通して付け
3回程ポキポキ折り曲げ軽く振ると発光開始する。
とにかく水圧にめっぽう強い。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:12 | 神奈川 ☔ | 【釣】−ダボ船頭の知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

ヒメちゃん捨てないで 〜 8月26日釣行

今回も安倍川沖の大アジ、サバ、アマダイ狙いで航海灯を付けての出港。
日の出が一時より一時間も遅くなった。

ポイントは貸切状態で一艇もいないから思い通りに流せる。
反応は芳しくなく忘れた頃にポツリポツリと出るが喰いは良くない。

そんな中キロ級のマダイを掛けたと喜んだ。
強烈な引きで巻き上げが止まることも。
慎重に慎重に浮かせたら赤くないのが一荷で付いてる。
何と800gの正に大アジで、しかも巾広で旨そうなのが。

しかし後にも先にも大アジはこれだけでその後は全く反応出ない。
Aさんも似たり寄ったりで浮いた反応が出ると
これも丸々とした旨そうなサバで大歓迎。
サバ反応も直ぐに途切れいつものパターンでアマダイに切り替え。

ところが今までこんなことなかったが
大き目のヒメが次から次へと喰ってくる。

この魚、釣りびとの大方は捨てるでしょうね。
図鑑によってはこれ程食味評価が分かれる魚もそうはない程だが
天ぷらや干物にすると一級の味になる。
小骨が多いから高級蒲鉾の材料になるなんて評価もある。
しかし天ぷらや干物にすれば気にならないし
食味も満足に足りるからせっせと調理する。
個体の中に腹わたが悪臭を放つのがあるが
腹わたを除去すれば臭いは残らない。

今回は全部干物にした。
本命のアマダイも500〜600gの食べ頃サイズで
これも三枚におろして干物にした。
しばらく肴は干物が主になりそう。
もちろん大サバは締めサバ、大アジは刺身に。

釣りびとしか味わえない贅沢が満喫できる。


001.JPG
25p級のヒメ


002.JPG
800gの大アジに丸々としたサバ


003.JPG
形揃いのアマダイとホウボウ


004.JPG
ヒメの干物


005.JPG
アマダイの干物
近々干物作りの浸け汁作りをアップします。
超我流だけど化学調味料、油脂を一切使わない旨々の付け汁。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 11:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−ヒメコダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

ホウボウの皮、実に旨い 〜 8月21日釣行

少しうねりは南から入るも20ノットで走れる、
安倍川沖を目指して脇目も振らず。

ポイントに入ると海底は静か過ぎ反応のはの字もない。

流してるうちなんとかなるべと仕掛けを入れるも
ウンともスンともないのは当然、魚がいないのだから。

ところが棚高に反応出てきた。
底から3〜5mに大アジ反応、それもかなり大きい。
棚を合わせると強烈なひったくる喰いが即座にきた。

ルンルン気分で慎重に慎重に巻き上げ
船べりに姿を現したのはビッグサイズの一荷。
それも針を飲み込んでる。
余程喰いが荒いのだろう。

ところが大きな反応が途切れるとまた元の静かな海底になってしまい
航跡頼りに探すがどうにも見付からず。

ほんの一瞬のドラマだった。

アマダイに切り替えると飽きない程に釣れてくる。
その中に良形ホウボウが混じり目算通り。

この日のアマダイは手持ちの誘いが良かった。
特に誘い上げ時にググンとヒット。

クーラーも重くなり南も吹き出したので南に押されて帰港。

ホウボウは早く皮を食べたいので皮を引いて熟成させた後
アマダイと共に昆布締めにする。

ホウボウの皮が頗る旨い。
湯引き後酢締めにするのだが肝心なのは湯引きの秒数。
おおよそ15秒。
ちなみにアマダイの皮は5秒、これ以上やるとトロトロになってしまう。

おおよそ魚の皮は湯引き酢締めがとても旨いが
それぞれ微妙な湯引き秒数があり少しばかり難しい。
少し歯応えがあるぐらいが上出来なのだが失敗することも多々ある。


001.JPG
ほど良くできたホウボウの皮の酢締め。


002.JPG
本日の釣果。
大アジ、最大は800g


003.JPG
アマダイの最大は600g
昆布締めと松笠揚げに。


004.JPG
500gが最大のホウボウは刺身と昆布締め。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 13:37 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−ホウボウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

魚の居場所を探し当てる

GPS内蔵電池切れまで約1,000ヶ所ほどのポイントが入力されてたので
魚種別にどこへ行けばどの魚の釣果が上がるかの判断ができたが
今は全て消え失せてしまってるから
改めて魚種毎の居場所を探さなければならない。

魚探に映らない底物はGPSと魚探の海底地形と地質
それに潮当たりを考慮にしながら探すから特に難しい。

今までは海底地形図で目ぼしい所の緯度、経度を算出し
そこを目標にしてたが現状が思惑通りでなかったりのこともあり
今ではGPSモニター上の海底地形や魚探の海底状況で
魅力ありそうな所を見付けその周辺で試し釣りをし釣れた所に
ポイント打ちをするような方法を取りこつこつポイント数を増やしてる。

とにかくあれだけあったポイントが全失してるので
その有難さがつくづくわかる。

アジやサバのような回遊魚のポイントは
一ヶ所に沢山打たない方が後々見易い。
動き回ってる魚なので。

おおよその場所を広範囲に探せば効率が良い。
底物は場所が限られてる場合が多いから
釣れた都度ポイント打ちするようにしてる。
GPSの海底地形と魚探の地形地質の現れはとても参考になるし頼り甲斐がある。

それにしても海底地形図を眺めるのは好きだなぁ。
酒呑みながら、ふむふむ、なんてやってるから読書ほどに楽しいこと。
だからこそGPS上の海底地形も判断し易いのかもしれない。
沖釣りは海底をわかることと見付けたり。
なーんちゃって。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

高速道利用時のセンス

言わずもがな、高速道上の車は殆どがある一定の高速で走っている。

インターから、あるいはサービスエリアなどからの合流は
本線上の車に少しもストレスを与えずセンスよく合流できてこそ
上手なドライバーと言えるが、
高速道が国内中張り巡らされて長い期間が経ったのに
まだまだセンス良く合流してくるドライバーが少ないのは如何か。

つまり本線上の車の前に出て合流するか後ろに付くかの判断を
センスよく出来るか否かでそのドライバーの腕がわかるというもの。

インターなどから合流する時
ランプより後方の本線上の車の速度と距離をドアミラーで確認したら
パワー全開でその車の前に出られるか、後ろに付くかの判断を瞬時にし
本線上のドライバーに僅かのストレスも与えないアクションをしてこそ
センスの良いドライバーと言える。
本線上の車も追越車線に出られず譲れない状況にあることはよくあること。
その辺のことも現状認識し判断すべきでこれも一つのセンスのうち。

ところが中にはそんなこと一切おかまいなしのアクションで
前に出るなら出るでパワー全開にしろ!と、
また後ろにつくならそれなりの車速にしろ、と
声に出したくなるようなシーンが度々ある。
これらの判断材料になるのが自分の車のパワーをよく知っておく必要がある。

本線上の車速と距離をドアミラーで判断してパワーを全開にし
易々と前に出ることができれば
おっうまい運転するなと喝采を送るが前に出るんだか出ないんだか
全くアクションに現れず本線上の車にいらいらさせるほど下手な運転はない。

高速道の歴史も長いのに横丁の路地から私道に出てくるような感覚で
高速道に合流するドライバーの多さには困惑する。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする