2019年07月25日

脂が乗った大アジの旨さ病みつきになる 〜 7月20日釣行

台風5号からのうねりが4mもあろうかの中
安倍川沖に向け南下するも20ノットは出せない。
GPSAさん奔走のおかげで完全に直ったので
大波の中でも安心して航行できる。

しかしお宝ポイントは全消失の為、目標点が定まらず。
GPSモニター上の海底地形を見ながら
“ポイントとおぼしきポイント”に到達したら僅かながらアジ反応が出てる。

わくわくしながら釣り開始し、直ぐAさん700g級を釣り上げニコニコ顔。
しかし喰いはいまいちで反応と当たりが比例せず、これよくある状況。
モニターの右端に反応が出ても魚も船も動いているので当然といえば当然。
それでも慎重な棚取りで単発ながら二人して釣り上げる。

巾広でいかにも旨そうな600g前後の大アジ。
そしていつものこと早々と群はどこかへ行ってしまい静かな海底に。

アマダイにチェンジで棚を下げてさぁ喰ってちょうだい。

形は大したことないが飽きない程度に釣れてくるが
風弱くスパンカーが生かせず操船難度が極めて高い。

Aさんは十分釣ったとみえ仕掛けを終い出してる。
午後3時頃から南の予報も出てたので
南からのうねりに押されながら少々船速を上げ30分で帰港。

それにしても今後のポイント探しが・・・。


001.JPG
本日の赤い魚はアマダイが主役。


002.JPG
700gを頭に大アジ釣果。


003.JPG
腹中には旨さの証、脂肪の塊。


004.JPG
これです。


005.JPG
おまっとおさん、旨々のアジ刺一丁上がりー。
皿は三上 亮さん作陶。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

小鳥の巣箱 2

今年5月に小鳥の巣箱について紹介しましたが
期待してたヤマガラとシジュウガラが営巣せずスズメが“入居”し
雛が巣立って行った。

巣箱の出入口の直径を30mmにしたのが原因で
今回それを28mmに作り直した。
材料も加工が簡単な太い孟宗竹を使って。

竹材店から直径15pの竹を調達してきた。
竹は油を含んでいるから小鳥が嫌がると聞くので
熱湯に20分浸け油抜きし加工した。
多分来春には期待通りになるのではと今から楽しみだ。

しかし丸い竹を丸い木の幹に固定するのに何か工夫をしないと。
巣箱が動いてしまうと小鳥は利用してくれないので
ひと知恵絞らないといけない。

孟宗竹による巣箱作りの様子をご紹介します。
なお巣箱は小鳥が利用する時期の寸前に掛けても利用の確率は低く
秋のうちに掛けておく必要がある。


小鳥の巣箱 001.JPG
直径15pの孟宗竹をひと節ごと切って28mmの穴を空けた。


小鳥の巣箱 002.JPG
熱湯に20分浸すというより煮る状態。
筒が中間で切れてるのはシーズン後に内部を清掃するため。
使用時は針金で縛ってテープを巻き接続させる。
これだけ太いとかなりの重量がありテープだけの接続では心許ないので。

後は秋口に木の幹に縛り付ける方法を考えないと。
まだ時間があるのでじっくり考え良い知恵を出すことにしよう。

梅雨空で海に出られないからこんなことでもしてないと。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

これもまた珍しい花

この前ヒスイカズラが咲いてた小田原フラワーガーデンに
また珍しいトロピカルな花が咲いてた。

ここに隣接してる県立諏訪の原公園共々
海に出ない日の散歩コースになっていて大のお気に入りの場所で
7,000歩ぐらいは歩いて景色を楽しんでる。

そのフラワーガーデンの温室内は珍しい花々が咲き誇って
目を楽しませてくれる。


これもまた珍しい花001.JPG

これもまた珍しい花002.JPG
へリコニアは原色でいかにもトロピカル。
南アメリカ 南太平洋諸島の花 6月〜10月が見頃。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

この日は久しく良い釣果 〜 7月18日釣行

GPSトラブルAさん奔走のおかげで早々に使えるようになったが
メーカーの初期設定が芳しくなく船の位置が実際より300mほど誤差が出る。
が、無いより大いにましなのでそのまま出船。

しかしお宝ポイント約1,000ヶ所は見事に消失してる。
これは痛恨の極みだ。

予報は午後から雨なのだが薄日も差すベタ凪の海を
安倍川沖に向けて船は快調に疾走。


ポイントと思しき海底は僅かながらアジ反応。
ではではと仕掛けを落としたら早々とAさん大アジゲット。
その後も思い出した頃に二人して念願の大アジ。

ところが早々に反応が出なくなり全く別の海になったみたい。

それではアマダイ狙いだとばかり
棚を下げ喰わせを誘ったらポツポツ釣れ出した。
Aさんはアマダイ仕掛けに変えてやってる。

二人してそこそこ快調に数を伸ばし
そのうちAさんもういいやと仕掛けを入れず。
まぁこれだけ釣ればもういいやと雨が降り出す前に午前中で沖上がり。

いつもこのぐらい釣れるといいなぁ
なんて“寝言こき”ながら池の様な海面を滑る如くマリーナに帰ってきたら
やはり予報通りポツリと降り出した。

GPSは外してメーカーの営業所にAさん持って行くことに。
次回は大丈夫だろう。


001.JPG
600g前後の大アジ。
腹中に脂肪の塊が有って刺身は旨々。


002.JPG
アマダイも満足な釣果。
二人して前回共々ニコニコ釣果でこんなことそうはないだろな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

シャフト船に惚れぼれ

海で釣りを楽しむ方にとって自分の船を持つことは一つの憧れでしょう。

凪の日ならゴムボートで楽しむこともできるし
沖に出ることで釣果も格段にアップできる。
少し波風ある日にも沖に出たければ
船外機船からシャフト船までの選択も広がる。

今まで手漕ぎの貸しボートから船外機船、船内外機(ドライブ船)
そして現在のシャフト船へと乗り継いで海釣りの楽しさを堪能してきたが
それぞれ一長一短ありで手漕ぎボートだって生け簀の持ち主に承諾をもらい
そこに舫いで生け簀から逃げ出したアジやマダイを釣るなんてことも
楽しかったしこれなど小さな手漕ぎボートならではの長所に他ならない。
なので船の種類や大小でこれが絶対というのは有り得ない。
自分が目的とする釣りが出来る船を選べば良いことで
船に甲乙は付けられない。

しかし多少の悪条件の中で遠方のポイントへ行きたいとなると
ある程度の船の大きさが必要だし船形も重要になる。
波風に翻弄されることが少なく船速もある程度保てる船となると
“漁船”が筆頭だろう。

船の長さに対し巾が狭く小さなキャビン
動力が船の中央に設置されたシャフト船。
細身の船体と重量のある動力が船の中央にあることによって
波に乗り難く波をかき分け推進する。

つまりシャフト船特有の優れた直進性と相成って
安定した船姿と船速が保てる。
そしてこと沖釣りに関してはあらゆる釣りが熟せるのも力強い。

当然マイナス面もある。

小さなキャビンで居住性は最悪でエンジン音の騒然さは
わたしのような難聴にも煩いから相当なもの。
もう一つの難点は小回りがめっぽう苦手なこと。
そして船速を優先させる設計のため半舵
(プロペラの中心から下方に舵板がない)しか付いてないから
曲がることが大の苦手。
特に風の強い日の後進時は舵が無いに等しい。

やはり船速より舵利きを重要視すべきだったと反省しきり。

風の強い日マリーナの桟橋に着けそびれると着け直しが大難儀で
あのへたっぴ何やってんだ、なんて見られてしまうから恥ずかしいのなんの。

今の船のマイナス面を記したが
これらを差し引いてもシャフト船のプラス面は遙かに大きい。
桟橋に係留中も複雑な機構部分が海水に浸かってないため
影響が少ないこともプラス面の一つだ。

メンテをしっかり施してるから9,000時間近く乗ってるが快調そのもので
恐らく20,000時間は楽勝だろう。
これもシャフト船の特長ではないか。

ダイビングしてた頃から数艇経験してきたが現在のシャフト船が一番に思う。
船も車も免許更新できる限り、体力が続く限りこの楽しい沖釣りに
はまり続け抜け出せないだろな。

だから「あなたは認知症で免許更新不可」なんてことになったら
あぁ恐ろしや・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする