2019年05月26日

シロギスとメゴチ、天ぷらどちらが旨い?

今シーズン僅かに期待できそうな地元のシロギス。(以下キス)

この前富士川沖試し釣りの感触だが
肘叩きなんて全くの幻で天種サイズばかりだったが
これはこれで最高のキス天ができる。

もう少し後日になれば肘叩きもどき程度は釣れ出すかもしれないが。
常連外道メゴチも仕掛けを動かさないと釣れてくる。

ところがアンモニアというか硫黄というかとてつもなく臭いのがいて
こいつをクーラーに入れようものなら他の魚に臭いが移ってしまう厄介者。
ヤリヌメリというらしいが一般のメゴチもこの名で流通してるからややこしい。
だからメゴチが釣れたら注意しないと。

メゴチは天ぷらがめっぽう旨くキス天と同等か凌駕してる程に。
天種用の松葉おろしも鱗取りの手間がなく
簡単にできるからキスより遥かに楽にできる。

さぁーどっちが旨いかと問われると判断に苦しむ程がメゴチの天ぷら。
捨ててきてはとてもとても勿体ない。

この前スーパーで売ってたけど

“この魚おろせません”

だって。
そりゃそうだろな、パートさんの時給にもならないもん。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする