2019年05月30日

沖釣りにはまって20年

永久に続けたい沖釣り。
海のこと、釣り具のこと、そして釣り船のこと。
なぁーんにもわからずから始めた沖釣りも今年で20年。
それも年間平均90回出船してるから1,800回の釣行。
バカでも釣りがわかるようになる。

浅場のシロギスから超深場のベニアコウまで
それぞれにとてつもない楽しさがあり
その陰にどれ程の魚達が手に掛かってきた事か。

“合掌”

夜中に出掛ける時、今日釣れる魚はまだ海の中を泳いでるのに
それこそ正に“一期一会の縁”で
帰りのクーラーに納まる魚達がいることの因縁を思う。

いろいろ道楽してきたがこれ程長く続き
今以っておもしろくて堪らなく出船の度にわくわくするような道楽はない。

健康にもすこぶる芳しく
認知症の予防にもなりそうな操る船と釣りへの研究心。
旨い魚も食べられ良いことづくめの沖釣りを長く続けられること願うばかり。

沖釣りにはまってる方々、本当に良い道楽を持ちましたね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

ゴキブリちゃん姿を消して久しい

スーパーデラックスな大きな黒光りのゴキちゃん。
数年前から我が家に寄り付かなくなった。

何でも仲間同士の伝達力があるらしく
あの家は危険だから寄り付かない方がいいぞ、ということになったらしい。

“ゴキブリ団子”の威力が強いらしく数年前から自前で作って
各部屋の要所要所に置くようになってから
嫌な思いをしないで済むようになったが
いつまた「御免下さい」と入ってこられては困るから
毎年5月から新しい団子を作って置くようにしてる。

ホウ酸団子とも言うようで
ホウ酸、小麦粉、玉ねぎ、砂糖、焼肉のたれを混ぜ合わせ
こねて小さな団子にし干し上げた物だが意外と効果が見られるし
何より廉価にできる。
既製品もおおよそ材料は同じような物らしい。

ゴキちゃん、これ食べると脱水状態になり
外の溜まり水を求めそこで死ぬから死骸を見ないで済む。


P1070428.JPG
今年も作った団子、今乾かしてる。
毎年古いのを回収し新しいのと交換するが食べた形跡がない。
つまり居なくなった証拠だしとにかく見ない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ラインの高切れに注意

沖釣りを始めてしばらくして購入したスーパーディープクルーザー300Wは
アルファタックルの深場専用竿。

10年以上使ってるが1,200m立ちから
ベニアコウの魚信を竿先に伝える竿作りの技術力には敬服する。
アコウもこれを使っている大満足の1本。

ところが最近ラインが2回続けて高切れし都合700mが海のもくずと消えた。
続けてだったので何か原因があるかと残りのラインを引き出し点検をしたら
所々擦れて毛羽立って細くなってる。

やはりと思い今度は竿のラインがガイドを点検すると
トップガイドから4番目ガイドリングにひび割れが見つかった。

推測通り原因はこれだ。

このひび割れに1.5〜2.5kg重りの負荷でラインが擦れてたことが原因してる。
これが分からずラインを繋いで使ったら
また高切れの悪循環を繰り返してたところだった。

この竿に使われてるラインガイドはフレームはチタン。
ラインが接するリングはSiC(炭素とケイ素の化合物)で
一般的に破損しないが何かきっかけがあったのだろう。
いずれにせよ破損ラインガイドと全ラインの交換で痛い散財になる。

深場竿に限らず度々ライン切れがある場合
ラインガイドの点検をお勧めします。

おまけ、ポリエチレンラインは摩擦に弱い為
キス釣りはナイロンやフロロの先糸を付けるべきですね。
スピニングリールのラインを指で押さえて離すことの繰り返しですから。
特に細いから直ぐ痛む。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

シロギスとメゴチ、天ぷらどちらが旨い?

今シーズン僅かに期待できそうな地元のシロギス。(以下キス)

この前富士川沖試し釣りの感触だが
肘叩きなんて全くの幻で天種サイズばかりだったが
これはこれで最高のキス天ができる。

もう少し後日になれば肘叩きもどき程度は釣れ出すかもしれないが。
常連外道メゴチも仕掛けを動かさないと釣れてくる。

ところがアンモニアというか硫黄というかとてつもなく臭いのがいて
こいつをクーラーに入れようものなら他の魚に臭いが移ってしまう厄介者。
ヤリヌメリというらしいが一般のメゴチもこの名で流通してるからややこしい。
だからメゴチが釣れたら注意しないと。

メゴチは天ぷらがめっぽう旨くキス天と同等か凌駕してる程に。
天種用の松葉おろしも鱗取りの手間がなく
簡単にできるからキスより遥かに楽にできる。

さぁーどっちが旨いかと問われると判断に苦しむ程がメゴチの天ぷら。
捨ててきてはとてもとても勿体ない。

この前スーパーで売ってたけど

“この魚おろせません”

だって。
そりゃそうだろな、パートさんの時給にもならないもん。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

もぉーこんなに釣れ続いているのにこのジャリメ動くな!!

キス釣り餌付け時の話なんです。

キスも活発に餌を喰う時間帯があり1秒でも手返しを良くしたい時に
餌のジャリメは指でつまんでもクニュクニュ動き回り
何とか針に刺されまいと抵抗する。

こちらとしては何とか早く針に餌を付け次を釣ろうと焦りに焦る。
ジャリメはなおさら細い胴体をくねらせ針に刺されまいと必死になる。

キス釣りによくある情景の一つだが良い解決策がある。

片栗粉を使うんです。

小さな器に片栗粉を少々入れておき、針に刺す前にここにジャリメを入れ
全体を粉にまぶすと指でつまんでもギシギシ状態で滑らなくなり
動けなくなるから至って手際良く針が刺せる。
もちろんイソメにも通用する。

一度やったら片栗粉が手放せなくなる程。
やってみてくださいキス釣りの時。


image.JPG
意外な使い方がある片栗粉。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−餌・仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする