2019年03月22日

久し振りに食べ頃アマダイ 〜 3月15日釣行

今回も釣りニュースの波風予報通り午後から南が吹き出し
久能沖から追い風に押されながらの帰港。

アマダイもまだ釣れるのだが何としても小さい。
デカアマ来ないかなぁなんて思ってたら来ましたよ。

置竿にしてたらクンクンと小さな当たり。
手持ちにしてゆっくり誘い上げてみた。
するといきなりグィーンと重量級が乗ってきた。

おお久し振りだなと慎重に今回初めて使う買い換えたプレミオの中速で
バレるなよと巻き上げてる最中も竿を絞るが無事タモに。

キロ級かなと思ったが800gの食べ頃でそのうち当たりも遠のいてきたので
前々回のキダイポイントへ。

これもそこそこで酢締めが楽しみ。


久し振りに食べ頃アマダイ001.JPG
小型ばかりの中、1匹だけ800g。


久し振りに食べ頃アマダイ002.JPG
酢締めによいサイズのキダイ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

シマノ電動リール プレミオ3000 〜 3月9日釣行

釣果が天種ばかりで冷凍庫ストックが多くなった。
天ぷらの旨さは秀逸してはいるが毎日食べ続けるわけにもいかないし。

今回の海は予報通りで凪から昼頃にかけて南が吹き出しウサギが跳ね出した。

そんな中、前回から異常が出てた電動のご機嫌がいよいよ酷くなり
今回もつかなと懸念してたら案の定分解しそうな異音が出始めた。
ガリガリゴロゴロわしゃあもうだめだ、と言わんばかりの状態で予備に変えた。

シマノプレミオ3000。
4年超使ってきて1回だけ摩耗箇所を修理したが
概ね順調に動いて沢山の魚達を釣り上げてくれた。

年間平均90回釣行で1回に約8時間は使用してるから
400回3000時間近く安心して使い続けてきた。
丈夫で使いやすく廉価で魅力ある電動。
基本機能だけに徹し複雑な機能一切無しというのも魅力で
それだからこそ故障も少ないのだろう。

帰宅してから釣り具店に同じものを注文した。
きっとまたよく働いてくれることだろう。


シマノ電動リール プレミオ3000 001.JPG
今回も上等な天種。


シマノ電動リール プレミオ3000 002.JPG
クラカケトラギス。
天ぷらにするとトラギス中一番旨いと思う。
体に鞍掛けのような模様がある小魚。
どうぞ捨てないでください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

キダイもこれだけ型が揃えば狙いの対象になる 〜 3月6日釣行

アマダイ狙いの外道でせいぜい小さいのが4〜5匹がキダイの相場。
久能沖で大アジをやってたら良型のキダイがヒットした。
魚探反応はアジと似てたのでアジかと思ったらキダイの群だった。

大アジが渋かったので短い仕掛けに変え
こいつを集中的にやり出したらどういう訳か次から次へと喰ってくる。
これはおもしろいし食べてはとても旨い魚なので釣り甲斐があるなと。
魚探反応切れても喰ってくるし
この辺りではこんなこと初めてで潮でも変わったのだろうか。

いい加減釣ったあたりで無風になり
潮流れも悪くなってきたので帰港することに。

毎年今頃から5月まで潮流れの質が悪く難儀する。
しかしキダイもこれだけ釣果出れば立派な狙いものとして成り立つ。

大型は脂の乗りも十分あって刺身、昆布締め、酢締めといずれも旨いし
引きも結構強いのでおもしろい釣り物だ。


キダイもこれだけ型が揃えば狙いの対象になる001.JPG
キダイの良型揃い。
中小含みで28匹あった。
頭や中骨は出汁を取るのに使うと激旨。
次も狙ってみるか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−キダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

またまた安倍川沖へ 〜 3月2日釣行

今回も予報より海は芳しくなく安倍川沖は複雑で質のよくない波のお出迎え。
清水は凪だったのに。
アジの反応無しで早々にアマダイ五目。
仕掛けはいつもより少し長目の2.5mで開始。

波の上下激しいので手持ちで体をクッションにし
棚を少しでも安定させる工夫をしながら。
多少の波なら短い針スで置き竿にすれば適度な誘いになるが
上下動激しければ餌の動きも連動し魚が喰うタイミングも少なくなるから。

ぼちぼち釣れてはくるが何としても型がいまいちで不満足。
このポイントもかなり広いのだがやはり固まっている場所があり
短いサイクルの流し変えで狙った。

しかしアマは300g前後とキロ級は望めない。
天種には上等過ぎるのだが。
それでもAさんの方が少し型はよかったみたいでツ抜けだった。
もう少し残り物を釣り上げて今シーズンのアマも終わりかな。


またまた安倍川沖へ 001.JPG
下ごしらえの終わった五目釣り釣果。
ムシガレイの塩焼きは旨いね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−五目釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に 〜 2月26日釣行

駿河湾中部の海上は穏やかな予報だったが
鯖根の海面は掘れる一歩手前状況で大アジもアマダイも棚が定まらず苦戦。
棚取りが定まらないのなら胴突き仕掛けで狙ってやれと。

これで始めたらレンコばかりでこれはこれで良しとせっせと釣り上げる。
その中にそこそこの形のカイワリとチカメキントキも混じった。
カイワリの約80%は口中にタイノエのオスとメスがペアで鎮座してるので
ペンチでつまみ出す。

チカメキントキは釣行毎釣れる魚じゃないけど
今まで30匹ほどは釣ってるだろうか。
刺身が旨い魚で高級魚の部類に入るらしい。
魚体全部が頑丈な鱗で覆われ鱗落としが難儀するから
背と腹の鱗を包丁を入れる部分だけ出刃の刃先でかき落として三枚におろし
皮を引いてしまえば手こずらないで済む。

そのうち風は収まって無風状態に。
質の良くない潮流でラインがあっちへ行ったりこっちに来たりで
真っ直ぐ入らず散々な釣り日和。

帰ってからレンコを酢締めにし手巻き鮨で食べた。
時々やるのだがいくらでも食べられるほど旨いから
ご存知ない方ぜひやってみてください。

レンコの酢締めはこちらの記事に書いてますからご参考に。

これを海苔を敷いた酢飯にのせワサビを付けて食べ出すと止まらなくなる。
少々根のいる料理だがまた釣ってきて食べたくなるほど。
お勧めします。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に001.JPG
出来上がったレンコの酢締め。
皿は三上 亮さん作陶。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に002.JPG

レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に00202.JPG
海苔で手巻きにする。酒にも合います。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に003.JPG
25pのチカメキントキ。
3日間ほど熟成させ刺身にする。


レンコ(キダイ)の酢締めを手巻き鮨に004.JPG
こんな釣果だった。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 19:06 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−キダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする