2015年09月03日

傷口の手当て

以前は傷口の乾燥を待つ手当て法だったが、今では全く逆で湿潤療法だという。
傷口を湿らせて回復を待つのが望ましいと。

そして消毒も芳しくないらしい。
傷口は痛いのを我慢してとにかく水道の流水で洗うのが一番だと。
もっとハードなのは石鹸でよく洗うのがそれ以上に良いとのこと。

傷口が少し回復してきたらそれほど痛くなくできることを今回経験した。
これらは外科医の言うことだから間違いない。
何しろ傷口にラップを巻いて湿潤を保つ方法もあるほどだから。

それと傷口から剥がれやすいガーゼの使用も肝心なこと。
剥がす時痛いからね。

バンドエイドは傷口には付着しないが回りを剥がす時粘着力が強く
間接的に傷口も引っ張ることになり痛い。

怪我をしたらとにかく流水で洗うこと。
怪我の大小にもよるが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:05 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする