2015年08月20日

秋田音頭と阿波踊り

表題の民謡と踊りは何とも魅力に満ちている。
日本人の誰もが心のどこかに置き据えているのではないだろうか。

秋田音頭の独特な節回しと語り調子の歌詞。
片や阿波踊りの誰もが自然に体が動いてしまうリズムに手首、足先の動き。
これらは民謡の芸術。
踊りの芸術の域にまで達しているように感じる。

昔サラリーマンだった頃、秋田出身者がいて宴会の席上
秋田音頭が披露されるのを皆が今か今かと待ちわびたものだ。
その彼がマイクの前に立つとやんやの喝采で迎えられ皆手拍子を打ち
それはそれは聞きでもあったし特にまた上手だった。
そしてあまりの魅力にテープまで買ってきて聞いてたものだ。
多くある民謡の中でも抜きんでてる。

一方踊りは阿波踊りと越中おわら風の盆踊りは全く対照的で
動対静そのものだが体が自然に躍動するのは阿波踊りだろう。

日本には優れた文化が継承されている。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:58 | 神奈川 ☔ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする