2015年08月15日

旨い旨いと釣ってくる夏場のゴマサバにも個体差がある

夏場のゴマサバは確かに旨い。
どう料理しても絶品だ。

1kg近くのはちきれんばかりの魚体が海面に現れたら誰でもそう思う。
ましてや活き締め血抜きをし腹わたまで取り去って
キンキンのクーラーに入れて持ち帰るのだから。

そいつを帰宅早々下ごしらえの3枚おろしにするのだが
おや、こいつは出刃にまつわり付かないな、と思われる個体がある。
つまり脂の乗りが少なそうで出刃の滑りが良く抵抗なく刃が進む。

身色も血抜きしてあるにも関わらずきれいだが赤っぽい。
塩焼きや干物にして食すとやはりというか
なるほど脂の乗りがいまいちで旨味に欠ける。
こんな場合は煮魚かフライにすると旨味が出る。

何が何でも夏場のゴマサバは絶対旨いとは言い切れない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする