2015年08月11日

トリセツ(取扱い説明書)読むの面倒この上ない

先日16年前のランクルからCX5に乗り換えた。
早くも1,000km点検オイル交換。

16年前とは何事も電子化が進みいわゆる車そのものがデジタル化し
使いこなすのに滅法難儀する。

トリセツを見ても何だか親切すぎて字数が多くなるばかりで、しどろもどろ。
面倒くさくて読む気になれないのはやはり歳のせいか。
若い人には何てことないんだろうけど。

大体電動リールのトリセツだって読んだことなく使ってるうち
必要部分だけはわかるようになる。
これが車ときたらその内容が過大で目がくらくらしてくる。
とは言ってもナビは使いこなさなくてはならず、これだけでも大変だ。

車自体の評価は価格的にはよくできている感じだが
ランクルに比べるとこれはもう価格自体の差で何とも仕方ない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:26 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする