2015年07月06日

車のエンジン気筒数(1)

車の大きさと重量。
それに見合ったエンジン気筒数を車の選択時に考慮する。

最近の傾向は気筒数を少なく
シリンダー1本当たりの容積を大きくする傾向になってる。
1番の原因は製造に関わる費用の削減だろうが
6気筒エンジンが少なくなっているのは寂しい限り。

4気筒は4角、6気筒は6角、8気筒は8角。
ロールスロイスのように12気筒なんてのは12角。

つまり気筒数が増えればそれだけ円回転に近くなり
滑らかになるから乗り心地は良くなるという道理。

少し前までスバルの軽自動車が4気筒エンジンだった。
他のメーカーはほとんど3気筒なのに。
あの小さな軽には有り余る贅沢。

一方わたしもかつて乗ってたケンメリのスカイライン。
2000ccなのに6気筒を積んでた。
当時日産の技術が評価されてた“L20型”というガソリンエンジンだ。
滑らかで思い通りに吹き上がり惚れ惚れするエンジンだった。

次回以降に続きます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:55 | 神奈川 ☔ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする