2015年06月10日

車で行く新緑の北海道 2015年6月紀行(2)

太平洋フェリーと新日本海フェリーは
スイートルーム利用客に船中の全食事が無料提供なので
それほど割高感はないが部屋の予約が中々取り難い。

特に太平洋フェリーは客室前面に
船の進行状況をブリッジ同様に眺められる大きな窓があるので人気の的。
今回は確保出来ずいつも帰路に使う新日本海フェリーの往復利用になる。

凪の海を滑るように航行する今回はまるで進行してる感じがない。
21〜22ノットの航行。

乗船後、間もなくの昼食はグリルで真昼間から生ビールをぐびぐび。
それが終わるとかーちゃんは映画を観に行った。

さて風呂にでも入るか。
室内の風呂場は広々とし湯船は海が眺められる窓付きで小原庄助さん気分。
特別海に興味の無い人は退屈時間の連続になるだろうが
海好きとは時間価値が分かれる。

そして夕食タイム。
太平洋フェリーは全てバイキング形式だが当フェリーは一般客はレストラン。
スイート利用客はグリルと部屋が別で食事内容も上級になる。
一般客でも乗船時の予約で利用できるが今まで利用してる人を見たことない。

スイートルームは4部屋だけで従ってテーブルも4つしか塞がらなく
フロアー担当の女性クルーとも楽しく話ができる。
今まで多くのクルーと話をしてきたが海が好き、船が好きという人達ばかりで
当然わたしと同様だから楽しい話になる。

まず胸に付いた名札を見て

  「○○さんは本州ですか、道内ですか」

との話から楽しい話内容になり船旅を楽しくさせてくれる。
道内出身の人も多く出身地を聞くと厚岸(あっけし)です、なんて
地方名を云う人もいるが道内はほとんど認識してるので
そこからも話がはずむことなり楽しさが広がる。


001.jpg
フェリー「ゆうかり」内のグリルは貸切状態


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:15 | 神奈川 🌁 | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

車で行く新緑の北海道 2015年6月紀行(1)

4年程前、思いがけなく知り合った流氷焼の陶芸家、植村宏光さん
東京で名の通った大学の法学部出身での焼物師は
実に異色な方と以前にも触れました。
紋別出身で滝上町で作陶活動に励み、その作品は海外にもファンを持つ。

使い勝手が優れ丈夫で流氷をイメージした作品を基に
様々な“生活実用品”の見栄えは人を魅了するに十分。

その中のマグカップ。
来客に使うとどこで買ったのって聞かれる。
自分もこんなの欲しいと言う。
そんなことから今回は少しまとめて求めてこようと思い立っての車旅となった。

北海道へ行くたびに訪れるのが楽しみで
昨年はそれはそれは超美味な極みを肴に盃を交えたが今回も再び。

芝桜が観光名所の滝上町は人口2,800人ほどの小さく静かな佇まいだが
この小さな町に驚くほど腕が立つ調理師で
旅館の女将が造る料理はどれも素晴らしく昨年初めての食事で感動した。

従って今回はマグカップとここの料理が主目的になり
新緑は“ゲスト”になる。

旅行記は何回はに分けて記していきます。


001.jpg

002_02.jpg
太平洋フェリーの部屋が確保できず新日本海フェリーの新潟発小樽行を利用。
新潟港フェリーターミナル。


002_01.jpg

いつ見ても巨大な船体。
6月3日午前10時30分出港。


003.jpg
新潟、村上沖の粟島を眺め北上する。
専用ベランダは付いてるが前面窓がないので醍醐味に欠ける。
21〜22ノットで航行。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:08 | 神奈川 ☔ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

ランクル100ディーゼル車どうしよう

時々書きますように車選びの条件は目線が高く
オートクルーズ付きの6気筒ディーゼルエンジンだが
車が小さければ4気筒でも十分。

アメリカ車を含め記憶に残らないほど多くの車を乗り継いできて
最も満足してるのが3台目になる
今は製造してないランドクルーザー100ディーゼル車。

今まで3台のランクルだけで100万キロ以上の走行距離になり
現在のが59万キロ超になる。

さてこの先どうするか。
乗り替える車が見当たらない。

並行輸入でランクル200のディーゼル車はあるが
とんでもない値段で手が出ない。

CX5も試乗して中々の感触だったが目線の低さと4気筒の物足りなさ。
それに歴史の無い車だけに
わたしのような過酷な使用状況に耐えられるか否かのデータがない。

そんな折にトヨタ販売店から電話で
この夏にプラドのディーゼルが出るからどうかと。
しかしこちらはCX5よりボリュームある車体なのに4気筒だと。
とてもじゃないが物足りない。
他の条件は全て満たしているのに。
せめてRAV4の車輌ボリュームなら4気筒でも飛び付いてしまうのだが。

思うようにならないものだ。

ドバイへの中古輸出業者が50万円で売ってくれないか、なんて話もある。
でも条件に合った乗り替えがないので何とも致し難い。

車検を取り70〜80万キロ乗るのが今のところ一番の選択肢かな。


001.JPG
59万キロ超の積算計


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【輪】−四輪車・二輪車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

大きくならないコクチフサカサゴ

中深釣りで浮き袋を持たず海底に戻れる小形のカサゴ類は放流してくるのだが
その中にコクチフサカサゴというオニカサゴとよく似たカサゴがいる。

せいぜい大きくて25cmほどにしかならず
釣れてくるのはほとんどが20cmほどで
持ち帰っても包丁を入れるのが面倒だから全て放流してる。

このカサゴ水深20mほどの浅場にもいるようでカサゴ釣りにも混じってくる。
釣り上げた時にだけオニカサゴと目の色が異なり
薄い金色をしてるので直ぐにわかり口先も詰まって短い。
食味はすこぶる良いが小さく煮魚にしかならない大きさで数は釣れる。

オニカサゴと混同してしまうほどよく似てる。


001.jpg
オニカサゴとフサカサゴによく似てるコクチフサカサゴ。
この個体は28cmあったから最大だろう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

パンとワイン

言わずと知れたフランスのワイン。

一方フランスパン。
ワインにこのパンがよく合いますね。
やはりフランス国の食文化の歴史かしら。
日本酒吞飲んでパンは合わないものね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする