2015年05月20日

我が家は部屋中山椒の香りが充満

半月〜一ヶ月前は山椒の若芽の旨さを満喫してたと思ったら
枝にツブツブの緑の実がビッシリ付くようになった。

色々活用方法がある山椒の実。
昔は薬材にも活用してたんですね。

乾燥させ粉にし鰻の蒲焼などに振り掛けたり
佃煮風に煮付けたりと特有の活用法がある。

それにはまず実を採らなければならず棘を避けながら採取し
その後小さな葉や枝を取り除き実だけの姿にする必要があり
これが中々手間のかかる仕事になる。
この作業をしてると部屋中山椒の香りが充満し
誰をも心地良い気分にさせる。

裏山に入れば自生してるのもあるが鬼山椒なる木もあり
これらは若芽を含め苦くて食せない。

時々スーパーでもビニール袋に入れ結構な値段が付いて売ってるが
今でもこれを買って行き料理に用いる人がいるのかと思うと
日本の主婦もまんざらではない。


001.jpg
心地良い刺激臭の香りを発散させる山椒の実。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:32 | 神奈川 ☁ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする