2015年05月04日

かけがえのない海、駿河湾

具体的な統計立った数字は知る由もないが
長年海に出てる上での直感で何となくわかる駿河湾の魚事情。

三保沖鯛場での釣行時間制限。
それはそれで結構なこと。
しかしもっともっと大局的な問題をはらんではいまいか。

シラス漁と底引網漁。
鯛場の時間制限なんて吹っ飛んでしまう程の影響力。

この狭い駿河湾内で気が遠くなるほど以前から
これらによって魚と稚魚幼魚が捕らえられ続けてきた。
今の状態はとうとうそのツケが回ってきたと言えそうだ。

漁師の当事者にしても孫はおろか
子供にもこの海を前にして跡継ぎをさせられるのか。
甚だ心許なく思ってる現役漁師が多いのではないだろうか。

海は人智によってどうにでもなるということは
隣の相模湾がよく物語っているではないか。
立派で豪華な大型の遊漁船を建造しても
採算が取れる海を駿河湾のそれと比べれば一目瞭然。

沢山点在する駿河湾の漁業組合の中から
声を上げる人が出てきても良さそうにも思うけど。
我々ド素人の海の遊び人が言うまでもなく。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする