2015年05月11日

今回も赤い魚を程々に 〜 5月9日釣行

シラス網漁のおこぼれカタクチを真剣に探し回ったら僅かに反応を捉えたが
群が小さくサビキを命中させるにはほど遠い。
しかし僅かでも海面下にいることは海鳥が証明しこの日も沢山集まっている。
今後1度や2度は豪快な釣りをしたいものだ。

その海鳥を見ながらいつもの“根掛かりポイント”に入る。
風は弱いが潮流れは前回と異なり素直で根掛かりを大幅に避けることができる。

いつもより少しポイントをずらして流していたら
全く根の無い砂礫地のような所を通過中
Aさんがムシガレイを釣り、その後船頭は何とアマダイで
ムツ針18号によくもまぁ掛かったものだ。
やはり平らな砂礫地には変わったのがいる。

しかし今回もAさん共々小形のオニを沢山放流した。
自分達が放流しても他の人が釣り上げて持って帰ってしまえば元も子もないが
そのようには考えないようにしてる。


001.jpg
毎度のオニさん。
28cm。これでキープぎりぎりサイズ。


002.jpg
Aさん今回も2kgの良形。


003.jpg
海鳥がカタクチのいることを知らせてくれる。


004.jpg
今回もおかずには十分な量。


005.jpg
今回も浮き袋の写真でカンコです。
ブログを見てるとプロの遊漁船の船頭も釣り上げた時
口から浮き袋を出して上がってくるなんてこと言ってるのいますね。
写真の様に浮き袋は中骨にしっかり繋がって口からは出ない位置にあり
口から飛び出しているのは鰓と直結してる胃袋です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:34 | 神奈川 | 【釣】−釣果−根魚五目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

相模湾が豊饒な海の尺度

住まいの目の前に広がる相模湾は
直ぐ隣の駿河湾とは様子が全く異なり正に豊饒な海そのもの。
ここの漁師の海に対する取り組みが“正常”な賜物なのだろう。

かーちゃんがスーパーに行って我が目を疑ったそうな。
16cmほどのアジの干物が驚かないでくださいよ。

ナント1枚がたったの9円だって!
旅館の朝食に付いてくるほどの大きさですよね。

これを20枚も貰ってきた。
これがすこぶる旨い干物でもっと買ってくれば良かったなぁなんて。

店頭には

「アジが捕れすぎて困ってます、何とかしてください」

とのコピーが付いてたと。
漁協の倉庫にも入りきらないと。

海を大事にしてるとこんなこともあるんですね。


001.jpg
これだけで45円。信じられない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

ポインセチアがそろそろ終わりを迎える

このえんじ色はただ事ではない。
葉なんだか花なんだがはっきりしろっと言いたくなるほど
一見してわからないがただ事ではないえんじ色はやはり魅力満点。

もう随分と長い間咲いてるなぁと思ったから
かーちゃんが

  「それもうそろそろ終わりよ」って。

結構勢い強そうなんだけど。

そうそうクリスマスによく使いますね。


001.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

糸を立てる操船ができない 〜 5月6日釣行

前回良い思いをさせてもらったオニカサゴ。
柳の下をこの日も目論み凪の中出港。

途中カタクチの反応が少々あるがこれでは当てるのが難しい。
オニポイント周辺は前回同様海鳥が異常な数で舞ってる。
カタクチが今後期待できるかも。
カタクチの群が浅場に寄ればオニカサゴもアカムツも放っぽり出して
ダボ仕掛けを降ろすのだが。

さて前回のオニポイントに入って仕掛けを降ろす。
北が2mほどでスパンカーは用をなさない。
それよりも潮流れの質が最悪。
仕掛けを入れ始めると船底にラインが入り水深半分ほどで反対の先方に流れる。
言われる所の2枚潮だ。
それも強力な。

魚探水深30%以上ラインが出て着底する。
従って根掛かり連発。
スパンカーを大きく振ったり操舵に翻弄されたり。
それだけで手一杯で釣りにならない。
とにかくまともに仕掛けが入らない。

別のポイントに移動したら今度は風向きと潮流れが十字状態で
ここもどうしようもなくあきらめて退散。

毎年のことだが連休中は高速が使えず釣行不可能で最悪。
2回しか出られなかった。


001.jpg
悪条件の中Aさん本命ゲット。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:42 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

駿河湾北部で2.4kgオニカサゴ 〜 5月2日釣行

水深150mほどの海面におびただしい海鳥が集まり舞っている。
これほど多くの海鳥を見たのは初めてだ。
水面には浮いてないがカタクチの群がいて
それを鳥達はよくわかっているのだろう。

カタクチの下から大形魚が襲えば海面に浮き鳥達がダイビングを繰り返し
一面、白い水しぶきになる。
もっと浅場ならダボ仕掛けを降ろせるが
この深さではカタクチを掛けても底に落とすまで外れてしまう。

前回のオニの根掛かりポイントに入る。
一投目から喰い良く今回は良さそう。

誘い上げにグイーンを乗ってくるあの感覚は中毒になる。
その中毒が重量感で乗ってきた。
巻き上げ途中に首を嫌々するようなオニ特有の抵抗をいなし
浮かせたのは1.2kgで食べ頃サイズ。

次に流し変え同じポイントをトレースしてたら
今度はAさんの竿が尋常じゃないしなり具合で
5:5調子竿が半円を描いて海面に突き刺さって真剣に対峙してる。
横で見ててもわくわくするシーン。

きっちり浮かせたのは何と何と2.4kg!
こりゃあ凄い!

今度はまたまた船頭の竿に重量感ある当たりでこれも1.2kg。
いつも小さいのを放流してるから二人にオニさんからのプレゼントだなんて
都合よく考えたりして。

今回は他に良さそうな所があってオニリサーチに行くはずだったが
これだけの釣果で十分、次回にしよう。

互いに開拓したポイントの情報交換してる僚船K艇から電話が入り
石花海で4kgのメダイが釣れたと。
さすが狙い物をきっちり手にするのはベテランの証。
機会を見て案内してもらおう。

こちらは早々に沖上がり。
凪の中少々ぶっ飛ばして帰港したが他船のほとんどはまだ帰ってなかった。


001.jpg
一投目に1.2kgの船頭。


002_01.jpg

002_02.jpg
そのすぐ後のファイトで2.4kgを手にしたAさん。


003.jpg
これで十分。


004.jpg
今回は刺身。


005.jpg
皮の湯引きを酢締めに。


006.jpg
内臓系。胃袋とキモなどの煮付け。


007.jpg
頭とカマの煮付け。
これで全て食べ尽くし捨てるところがない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:06 | 神奈川 ☔ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする