2015年03月06日

お宝ポイントが底引網で大被害 〜 3月3日釣行

シロギス、タチウオ、アマダイ、アコウダイ、オニカサゴ、アカムツ
これらの魚が年々駿河湾では釣れなくなってるのは周知のこと。

多種多様の稚魚幼魚が成魚になりそれぞれの住処に定まる前は
その多くが中層海域で生活してることを研究者も本に書いてる。

つまりカタクチイワシの幼魚(いわゆるシラス)と同じ層にいて
これをシラス網で一網打尽にしてしまえば
成魚が減ってしまうことは子供でもわかる。
ところがそれに輪をかけ湾内は底引き網まで入ってるから海は細るばかり。

久々に凪だったのでアカムツと大形ユメカサゴを求め石花海へ行ってきた。
ところが全く釣れない。

目先にゆっくり動く船がありAさん

  「底引きやってるぞ」と。

しかも自分達が流してるポイント上でやってる。
これでは釣れる訳ない。
せっかくのお宝ポイントもこれでは枯れた海になってしまう。

日本は四方を海に囲まれてるが
湾内で船団を組んでのシラス漁とか底引網漁をしてる所は
駿河湾以外にあるのだろうか。
少なくとも地元相模湾では聞いたことがない。

根の荒いオニカサゴのポイントなら網も入れられないだろうと試し釣りをしたが
何とかなりそうなので次回は集中してやってみよう。
結果はまたお知らせします。

漁師にも生活があるから
仕方なくこれらの漁をせざるを得ない事情はよくわかるが
こういう場こそ優れた“本物”の為政者が現れ
指導者としての力量を発揮すべきだが今の日本では望むべくもない。
しかしこのままにしておいたら駿河湾はどうなってしまうのだろう。


001.jpg
試し釣りでAさん700gのオニカサゴ。
船頭は放流サイズだけだったが集中して狙えばそこそこにはなりそうな気配。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:27 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする