2015年03月06日

お宝ポイントが底引網で大被害 〜 3月3日釣行

シロギス、タチウオ、アマダイ、アコウダイ、オニカサゴ、アカムツ
これらの魚が年々駿河湾では釣れなくなってるのは周知のこと。

多種多様の稚魚幼魚が成魚になりそれぞれの住処に定まる前は
その多くが中層海域で生活してることを研究者も本に書いてる。

つまりカタクチイワシの幼魚(いわゆるシラス)と同じ層にいて
これをシラス網で一網打尽にしてしまえば
成魚が減ってしまうことは子供でもわかる。
ところがそれに輪をかけ湾内は底引き網まで入ってるから海は細るばかり。

久々に凪だったのでアカムツと大形ユメカサゴを求め石花海へ行ってきた。
ところが全く釣れない。

目先にゆっくり動く船がありAさん

  「底引きやってるぞ」と。

しかも自分達が流してるポイント上でやってる。
これでは釣れる訳ない。
せっかくのお宝ポイントもこれでは枯れた海になってしまう。

日本は四方を海に囲まれてるが
湾内で船団を組んでのシラス漁とか底引網漁をしてる所は
駿河湾以外にあるのだろうか。
少なくとも地元相模湾では聞いたことがない。

根の荒いオニカサゴのポイントなら網も入れられないだろうと試し釣りをしたが
何とかなりそうなので次回は集中してやってみよう。
結果はまたお知らせします。

漁師にも生活があるから
仕方なくこれらの漁をせざるを得ない事情はよくわかるが
こういう場こそ優れた“本物”の為政者が現れ
指導者としての力量を発揮すべきだが今の日本では望むべくもない。
しかしこのままにしておいたら駿河湾はどうなってしまうのだろう。


001.jpg
試し釣りでAさん700gのオニカサゴ。
船頭は放流サイズだけだったが集中して狙えばそこそこにはなりそうな気配。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:27 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−オニカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

魚と寿司

寿司屋の大将が言うには刺身は旨いが
飯(めし)を付けると何倍も旨くなるねと。
刺身と寿司飯の調和は正に日本の食文化そのもので
アカムツやマグロの大トロは特にそう思う。

個人の嗜好によるところが大きいが
多く脂が乗った刺身は始めは取っ付きは良いが沢山はくどく感じる。

ここへ酢飯を付け握り寿司や巻物にでもしたら
それこそいくらでも食べられるから不思議だ。

魚の旨味と酢飯は相性が優れてるから寿司店の商いも成り立つ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:20 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

ドンコ食べてますか

胃袋が水圧変化で裏返り口から風船のように飛び出し
間の抜けた顔付きで上がってくると大方の釣り師は

  「なんでぃお前さんかよ」

と言ってがっかりさせられる魚の筆頭格。

図鑑でもアイナメと一緒くたしてる場合があり一般にドンコと称される。
エゾアイナメが標準和名だろうか。
真っ黒な姿形からどうみても食指が動かないが。

ところが一度食べてみてください。
目からウロコ間違いなし。
刺身だって黙って出されれば普通の白身魚かなぁと思われる味だが
あの“容姿”を知ってるとためらってしまう。

この煮魚はかーちゃんの大好物で釣り上げてもがっかりしないし
実に上品でこくがある身は旨いと思う。
キモと胃袋も絶品で一度食べたら病み付きになること受け合い。
自信持っておすすめします。


001.jpg
美味しそうな飴色の煮付け。
皿は流氷焼き植村宏光さん作陶。


002.jpg
キモと胃袋の煮付けは絶品。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:02 | 神奈川 ☔ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

我が家は雲の中

今の時期標高130mでも雲に覆われる時が度々あり
まるで雲の中で生活しているようだ。

もちろん夜になっても下方の足柄平野の夜景は全く見えない。
何となく幻想的ですらある。
下から見ても山は雲の中で見えないだろな。

平野の生活では体験できないことが色々あって趣がある。


001 2.jpg
下方は雲に覆われ何も見えない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:13 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

寒ブリと言うぐらいだから寒イナダも 〜 2月28日釣行

石川県の氷見港に水揚げされるブリの旨い時期
寒ブリと言うぐらいだから正に今が旬。
それならイナダも今が旨いかな。

イナダ狙いで珍しく凪の海へ。

鯛場と呼ばれてるポイントへ行ってきた。
毎日毎日釣り師に攻め続けられる魚はすっかり学習し
すれてしまって魚影が出る程には釣れない。

こませを詰める時の手の冷たさがきついので
歯科医が使ってるビニールの手袋をはめ何とか凌ぎながら。

Aさんは素手で平気でやってる。
若さの違いかな。

で、共に1kg前後を3本づつ釣り上げたがイナダにしては少ない数だ。
それほどお利口さんになってるということか。

制限時刻になったので南下してアジポイントに行ったら
北東風に潮が直角に流れどうにも操船困難で退却。

帰宅し下ごしらえだけでも鱗と腹わたを取ったのだが
先日購入した電動鱗取り器が真価を発揮し使い慣れたらこんな優れものはない。


001.jpg
今の時期刺身はとても旨い。


002.jpg
胃袋の煮付けは絶品。
捨ててる方次回から是非食してください。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:18 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−イナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする