2015年02月13日

石花海はまたまた荒れ模様 〜 2月11日釣行

清水沖のアコウも根絶やし、鯖根と大谷沖のオニカサゴも完璧な根絶やし。
よってたかって小さな個体も何もかも釣れるだけ釣ってしまった結果で
自業自得と言ってしまえばそれまでよ。

回遊魚と違い根魚は限られた数しかそこを住処としてないから
大勢でそこを攻めたら“廃墟”となるのは当然のこと。

そんなことを踏まえ前回に引き続き
“石花海銀行”から少しだけ“貯金”を引き出してきた。
残額を大事にしないとね。

アカムツポイント、この日は何故だかサメばかりで
とても釣りにはならず早々に大形ユメカサゴに変更。
そこそこ釣れるけど西風いよいよ強くなり退散の憂き目に。

途中鯖根沖を試したが全くだめ。
そして石花海は時化ているのにここはベタ凪。
大した距離ではないのにこれほど違うものか。


001.jpg
早々とAさん良形アカムツ


002.jpg
船頭も800g


003.jpg
ツノザメ科のフジクジラ?
こいつが3本針全部に付いてきてAさんとも大漁で釣りにならず。


004.jpg
ツノザメ科のヒレタカツノザメか。
本命が喰う前にこれらが掛かってしまう。
前回こんなことなかったのに。


005.jpg
この日も荒れてる石花海。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

久々に海底地形図を楽しんだ

GPSモニターにおおよその等深線が表示されるので
それを頼りに魚探しすることもあるが
微妙な情報はやはり海底地形図からでないと得られない。

この前見付けた石花海アカムツポイントも正にそれで
酒を吞みながらテーブルに大きな図面を広げ探し出し実釣したら
一級ポイント然りでこんな時の嬉しさったらない。

もっとも今までもこのようにしてコツコツ一つずつ探していった結果が
ポイントとして残ってるわけで正に無形財産だ。

清水を出て大井川沖あたりまでアカムツがいそうな所がいくつかあり
そのうち試してみようと思う。
オニカサゴやアカムツはアマダイポイントより探し出しやすい。
というよりアマダイは広範囲にいるから的が絞り難い。

3〜4年前西倉沢から由比にかけてたくさん釣れたのだが
昨年も今年もどうなっているんだろ。

敢えてポイントと言えば海底地形図から10%ほどの斜形地を見付け
現地に行って点在する小さな根を探し
その根回りの砂礫を探ると釣果が出る。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【釣】−考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

歳を重ねると後何年一緒に食えるかな

漁師の生活サイクルにかーちゃん付き合ってくれていつも二人だけの夕食。
と言っても午後3時頃からだが。

おかずはほとんど釣り魚で料理屋で食べたら
目玉飛び出るほどのお代がかかる高級魚が多い。
その“潤滑酒”は日本酒にして2〜3合の冷。

釣りはもちろん楽しくて仕方ないが
この夕食もことの外充実した時間になり時々話すことに

「後何年こうして旨い酒をおかずに二人して夕食できるかなぁ」

75歳と73歳の老夫婦にとっては残り時間はひと桁の年数だろうから。
そんな話をしてはいるがまぁこれだけ生きてきたのだから後は贅沢言うまいと。

それでもまだ船を操り釣りもできるのだから良しとしないとね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

サメを釣り上げたら

嫌なゲストの筆頭にサメがいる。
おおよそ興味を示すことなく
針スを切ったり煽ったりして外してしまうのが一般的。

この前の石花海でのアブラツノザメもそんな仲間であったが
念の為帰宅して図鑑を見たら何と日本各地で食用にしてるそうな。
こりゃあ失敗した。

Aさんと同時に同じ大きさを掛けたから何匹か群でいたのだろう。
よく釣れるサメでホシザメがいるが
これはとても旨いサメで煮魚にすれば天下一品の価値あり。

これから毛嫌いしないでサメに接しようと反省することしきり


006_01.jpg


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:51 | 神奈川 ☀ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

石花海のアカムツ目論み通り 〜 2月7日釣行

石花海の海底地形図を広げこの地形なら多分アカムツいるだろうとの所を見付け
Aさんに明日行ってみようと電話し早速船を出した。

ところが予報に反してとんでもない北風で海は大時化。

静岡市街の沖あたりで引き返そうかと思ったが
この時化を風上に船を戻すのは容易ではなく
南下するほど酷くなる状況の中強行する。

何とか目指す所には着いたが4mほどの波。
いつものことヤフー天気情報はほんとあてにならない。
北が1.5m波は1mの予報がとんでもない大荒れ。
嘆いてみてもしょうがなく今回も根性の釣り。

ところがどうだ、この悪状況の中、狙い通りのアカムツがAさん共釣れ出した。
それも600〜700g揃いが。
探し当てた場所は見事的中した。
こういう時はほんと嬉しい。

そのうち喰いが全く止まってしまって
それでは大形ユメカサゴポイントへ行こうと。

ここは何年も前に見付けた所だが
しばらく年数が経っているのでまだいるかなとの思いで。

釣り始めたと思ったら仕掛けトラブルや綱切り被害でもたついてたら
Aさん次から次へと釣れ出した。
それも35cm前後の正に大形ユメカサゴに恥じないビッグサイズ。

遅れて船頭の竿に乗ったのは何と40cmオーバーのキロ級。
当初サメでも掛けたかと思うほどの猛烈な抵抗を凌ぎAさんのタモに入った。
底引き網が入ってたらとっくにだめだろなと懸念してたが昔通りの釣れっぷり。

この頃になって時化の海が嘘のような凪になり少々飛ばして帰路についた。
石花海はきっちり応えてくれて大満足。

以上2ヶ所はシークレットポイントということで根絶やししないためにも
バカ釣りしないようにする。


001.jpg
Aさん早々700g。


002.jpg
船頭も同じく


003.jpg
Aさん700gのユメカサゴ


004.jpg
船頭は40cm超のキロ級


005.jpg
珍魚ヒオドシ


006_01.jpg

006_02.jpg
アブラツノザメ


007.jpg
大荒れの石花海


008.jpg
凪いてきた向かうに積雪の伊豆の山


009.jpg
600〜700gのアカムツ
さてどう造るか


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:51 | 神奈川 ☁ | 【釣】−釣果−アカムツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする