2015年01月21日

タノイエ、だーい嫌い

マダイ、アカムツ、カイワリなどの口内や鰓に
我が物顔で住み着いてる例の、ほらあの白いの、
口の中を覗いた時あのぽちぽちっとした目がぱったり合ったりして。

おお、おまえいたのかい、なんて言いながら針外し用プライヤーでつまみ出す。
タノイエという寄生虫ですね。
大体雌雄つがいで入ってる。
小さいのが雄、その何倍ものは雌といわれてる。

今まで色々な魚で見てきてるけどこいつに取り付かれた個体は
何となくいくらかではあるが痩せているように見える。
魚の方は常時体液を吸い取られてるんだからさもありなんか。

水産研究所で専門に研究してる人がいるそうな。
こんな虫、元々はどこにいてどうやって魚に取り付くのか極々不思議だもの。
研究の価値ありなんだろな。

それにしてもあのぽちっとした小さい目は
人をおちょくってるようにしか見えないが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:43 | 神奈川 ☁ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする