2015年01月06日

北海道いんでないかい(4)-1

一般的に道央へは新千歳空港まで飛行機でしょうね。

着陸寸前の真下には暖房用の煙突が付いたカラフルな家々の上をかすめながら。
その家々の間に垣根のないことにも気付くでしょう。
道内の特長のようです。

いよいよ北海道の第一歩。
札幌まで道央道をバスが走る。

一方函館からレンタカーで国道5号〜230号で札幌に入るのもお勧めコース。
大沼公園、駒ヶ岳、洞爺湖、羊蹄山を眺め
冬期難所中の難所、中山峠から定山渓(じょうざんけい)温泉を抜け
札幌に入るルートで4〜5時間を要す。

函館を出て直ぐの大沼公園まで道央道がきているがほとんどの車は国道利用、
メリットがないんですね。

噴火湾添いの5号線は大沼公園を過ぎ駒ヶ岳を右に見て
森町、八雲町を抜け長万部(おしゃまんべ)町に至る。

ここまでは直線区間が長く続き昔は正面衝突の重大事故多発地区。
片側1車線をお互い100km近くで走って追越時事故になる。
今では追越禁止区間拡大とネズミ捕りで昔ほどではなくなった。

長万部町からから洞爺湖町に入り
内陸側の230号の洞爺湖を右に見ながら中山峠に至る。
ここを下り定山渓温泉を抜けると札幌はもうすぐだが
車も多くなり大都市の様相となるから市中心まで時間がかかる。

市内は東京と変わらないが空だけは鉛色ではない。

次回も道央地区をご案内します。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:57 | 神奈川 ☁ | 【旅】−旅行記−北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする