2014年12月12日

魚広のしおから

スルメイカのキモがパンパンに膨れる12月。
しおからを作る一番良い時期。

作り方はいろいろあり大袈裟に言えばそれぞれ味が異なる。
塩辛だからと塩が利いたもの。

一方押さえたもにに分けられるが最近は
ヘルシーだなんてことで塩分控え目に人気があるようで
わたしもそちら流で時々作る。

以前から魚広のしおからが旨いと聞いていたが
12月中に作り2日間のみの販売という。
それが10日と11日だとのことで10日に行って買ってきた。

初めて食したがやはり塩分を押さえてキモのこくを生かした作り方になってる。
文句なく旨い。
いくらでも食べられる。

ファンが大勢いて2日で売り切ってしまうのが納得できる。
店に行ったついでにキハダマグロの赤身を1kg頼んできた。
上質のキハダの赤身は本マグロに劣らない旨さがあり中々手に入り難い。


001.jpg
ザ・塩辛


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:22 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする