2014年12月11日

カタクチイワシ

今の時期カタクチがいないとこの先しばらく期待できないだろな。
今年はほんの一時しか泳がせサビキができなかった。
カタクチの群さえいればダボ仕掛け活躍するのだが
道具箱に入ってる仕掛けを使う機会がない。

何年か前には船縁からタマ網ですくえ
ポリバケツいっぱいなんてこともあったが今では幻だ。

指先で開いて刺身にすれば良い肴になるし丸干しに作ればこれもグー。
また煮ても焼いても美味しく食べられる。
フィッシュイーターにしたって一番のご馳走だろう。
泳がせサビキでも小サバより喰いがいいのは納得できる。

大きな群が下から青物におそわれ
団子状態になって海面に出たのを空から海鳥に喰われ大災難な状況でも
サビキを落とすと喰ってくる神経は一体どうなってんでしょうかね。

海中は剥がれた小さな鱗がきらきら舞いファンタジック。
こんな時はマダイも青物もヒラメやホウボウが釣り放題になるのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:45 | 神奈川 ☔ | 【釣】−思ふこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする