2014年12月06日

アマダイを美味しく食べる

アマダイを久しく食べ尽くした。
と言っても500〜600gの形だから本格的な旨さは望むべくもないが
贅沢は言っても仕方ない。
せめて1kg以上なら旨さは格別なのに。

刺身、昆布締め、天ぷらで食したが旨さが際立っているのは天ぷらと思うが
こればかりは個人の好みで。

その天ぷらだが皮を付けたまま刺身より
少し厚く引いたのを揚げるとこれは絶品。
3枚おろしの身を天ぷら用に切って揚げるより
ひと口で食べられ揚げ油とのハーモニーも中々良い。

アマダイ釣りにはヒメコダイ、キダイ、ホタルジャコなどのゲストが釣れるから
これも小さく面倒だが3枚におろして天ぷらにするとすこぶる旨いなぁ。

いずれにしても頭や他のあらも出ることだし
これのあら煮も釣り師でなければ食べられない。

中骨や薄く引いた腹骨は潮汁にすればこれまた上品な澄まし汁になり
料理屋の味が作り出せる。

これから釣れ続くと良いのだが。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 09:48 | 神奈川 ☀ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

補聴器(5)

補聴器は高価で故障も多く修理費用もおおよそ万単位で
修理個所の保証期間も1年と短く何かと支出を伴うことは前に記しました。

補聴器のほとんどは単に音を大きくするだけならおおよその機種は用をなすが
人間の耳は中々厄介で補聴器を通して確かに音は大きく聞こえるようにはなるが
相手の話声が何を言ってるのか判別つかないことが多くある。

明瞭に話が聞き取れると前面に出して宣伝してるが実際に使ってみると
中々そうはいかないことが往々にしてある。
わたしのように40年も使っている立場で言うのだから
ましてや初めて使うとなれば色々問題も出てきて当然のこと。

これから補聴器利用を予定している方は
くれぐれも少しでも予備知識を得られることをお勧めします。

とにかく両耳で高級電動リールが2個も3個も
あるいは高級カメラが優に購入できる値段なのですから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:55 | 神奈川 ☁ | 【他】−その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

プロペラの修理

今の時期、朝の6時は暗い。
桟橋を暗いうちに離れ港内を超スローで航行しても
海面の状態は何が浮いているのかさっぱり分からない。

太い材木だって浮いてる可能性があり得るから
おっかなびっくりの操船となるが
そんなことものともせずにぶっ飛んで行く船もある。
漂流物が気にならないのかしらといつも思う。
注意していても大木などは海面すれすれに漂流してるのもある。

長い間にはこれらにプロペラを当ててしまって曲げたことも清水では2回ある。
いずれも海面に出てない材木だった。

ゴンッ!

とぶつけてから後ろを見ると当てた衝撃で海面に見えだしたなんてことがある。
こうなると車のホイールバランスが狂ったのと同じで
がたがた振動しシャフトやジョイントにも悪影響が及ぶ。

当然のこと修理となるがどんなに僅かな曲がりでも万単位の費用を要し
この部分は保険が使えないから痛い散財になる。
こんなことで暗い海面はデッドスローでの航行を余儀なくされる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:51 | 神奈川 | 【我】−陸の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

山ワサビ(西洋ワサビ)

山ワサビのこと以前記事にしました
その切れ端を水の中に入れておいたら鮮やかな緑色の新芽が出てきた。
そしてすくすく成長しだした。

見ててとても楽しい。
生命力が強いんですね。
この若芽をつまんで食べてみるとやはり辛味がある。

北海道が産地で行く度に買ってくるが端を土中に埋めておけば
3年も経つと立派な根になるから今では自給自足で十分こと足りる。
農薬も使ってないから安心して口にできる。


001.jpg
根の上部の切れ端から見事な若芽が成長してる。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:00 | 神奈川 ☀ | 【花】−植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

アマダイ釣れ出したのかなぁ 〜 11月30日釣行

前回に少しその気配が感じられたアマダイの釣れ始め。

今回イナダはパスでアマダイ1本に絞ってやってみたが
あまり期待しなかった割には喰ってきた。
しかし形が今いちで500g前後。
館山あたりの釣り師に笑われる。
そんなこと言っても仕方ないが。

この魚も5〜6年前はそこそこの形で数釣りできたが昨年はほとんどだめだった。
このアマダイの稚魚幼魚も物の本によると
着底生活に入る前の極小さな時は海面から10〜50mの層を遊泳してるそうな。
何てこたぁない、
いわゆるシラスの層と同じだからこれで一網打尽にされてしまう。
シロギスと同じだ。
年々減るわけだ。
運良くシラス網の餌食にならなかった一部が
我々の釣り対象になってるというわけだ。
何ともやり切れない。

今回は130m立ちで活発だったがこればかりは日によって変化するだろう。


001.jpg
Aさん500g


002.jpg
船頭も同じく


003.jpg
今回はこんなところです


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 10:23 | 神奈川 ☀ | 【釣】−釣果−アマダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする