2014年11月29日

アマダイは昆布締めにした

少しスピードを上げて釣り上げると水圧の変化で
鰓ぶたや肛門から内臓が飛び出るアマダイ。
本人はさぞ苦しいだろな。
本人でいいのかな。

オニカサゴやユメカサゴは何てこたぁない様子で
小さいのを放流すると元気に戻っていく。
アマダイも可能ならそうしたいがこれはだめだから天種にする。

この前の600gのアマダイを刺身にしようと3枚におろしてたら
かーちゃんが昆布締め食べたいというからリクエストに応えた。

刺身の味も絶品だがひと手間かけるとひと味違った旨味を醸し出し
水分も少なくなるから歯触りも良くなる。
ただしあまり締めすぎると昆布味が勝ってしまい
素材の味を殺してしまうから程々にしないと。

水分の多い魚は昆布締めが良い料理法になる。


001.jpg
昆布に包んで8時間後に程良くできた。
湯引きの皮と共に。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ  GyoNetBlog ランキングバナー
posted by ダボさん at 08:58 | 神奈川 ☁ | 【料】−魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする